所持品(必需品)

 いろいろな本、雑誌に持ち物について書かれています。取り立てて目新しい情報はないですし、我が家独自で工夫していることもありません。しかし出発直前のチェック代わりになるので書き出してみました。ただしこれらを全部持っていくわけではありません。

 なお飛行機内ではかなり気圧が下がりますので、液体状のものを、ゆるいフタのびんに入れておくと、中身が噴出しますので注意が必要です。

また最近では携行品はなるべく少なくし、現地調達できるものは現地でお土産代わりに購入したほうが効率がよいことがわかってきました。

 2005年ぐらいからセキュリティの強化に伴って、機内持ち込み品が厳しく制限されるようになっています。特に液体関係はほとんど駄目です。ただしほんの少しの量なら許されます。これらは空港のセキュリティ情報を参考にすると良いと思います。

 2009年日本航空の帰国便で、スーツケース重量の制限が強化され1個あたり23kg以内となりました。かなり厳しい数字なので、予備のバッグを持って行くと良いと思います。

 重量制限に引っ掛かると、チェックインの近くの路上でスーツケースをあけて入れ替えなくてはなりません。

パスポート


これがないとお手上げ。スーツケースに入れてしまうと悲惨です。万が一忘れると成田から逆戻りですね。

クレジット
カード


 ハワイに初めて行くとき作りました。それまではクレジットカードは借金への近道、という認識をしていました。実は信用カードなんですね(直訳ですが)。カードに付帯している保険についても知っておくと便利です。

 中でもJCBカードはハワイに力を入れているみたいです。ただしJCBは場所によって使えないことがあるので、もう1枚VISA等のカードを用意していった方がよいです

傷害保険


 クレジットカードにもついているので、ダブらないように必要なものだけをバラがけで。私は子どもの分だけを購入。インターネットで選んでいます。

国際運転
免許証


 レンタカーを借りるとき、これがあると手続が若干早く進みます。しかし最近は日本の免許証だけで借りる事も出来ますので、必要性は感じなくなりました。

 ただ万が一事故を起こした場合、警察は日本の免許証を読めないかもしれませんので、保険や記念のつもりで作っておくのも良いかもしれません。1年間有効です。

 作成は近くの警察署に行けば出来ると思います。

外貨


 地元の銀行、郵便局または空港、ワイキキの両替所を利用。

 交換レート
が一番良いのは国内は沖縄の「江戸やさん」、ワイキキはワイキキショッピングプラザのダイヤモンドヘッド側の通りをはさんだ「ネオプラザ」さんであるように思います。両替のページを参考にしてください。

 レートは毎日変わるので、あまり神経質になっても意味はありません。国内では基本的にトラベレックス利用していますが最近(2014年)レートが悪くなっているように感じています。まとまったお金で自宅への送料が無料になります。

 基本的には日本よりも現地で両替した方が0.5〜1円ほど得です。またクレジットカードの換算率も日本の銀行に較べると有利です。

日本円


 行き帰りに必要(あたりまえですね)

航空券


 航空券または航空券の引換券。パックツアーの場合は旅行の契約書

ホテルの
予約確認書


 パックツアーの場合は旅行会社発行の契約書

スーツ
ケース
送り状


 家の玄関から空港までスーツケース等を運んでもらう場合。子連れはお薦め。最近は車で行くことが多いので利用頻度は低下。

レンタカー
予約
クーポン


 日本で予約した場合

表紙に戻る 準備編の表紙に戻る 必需品(2)