アラモアナ・センターからワイキキへ

その他のおもちゃやさん

 その後合流し、アラモアナのおもちゃやさん巡りをすることになった。アラモアナには全部で3軒の店があるようだ。シンカートイズは創造的なおもちゃを売る店として知られている。ケイ・ビー・トイズはごく普通のおもちゃさん。もう一つはカイトのお店。カイトが専門のようだが、中に入るとけっこうユニークなおもちゃがある。ただし今回は冷やかしだけ。ワイキキに戻ることにする。

 バスで12時に戻ったが、なんとまだ水が出ない。これにはまいった。朝の話しを信用すると、いずれは直るのだろうと思うが、完了時刻は?なんてフロントを問いつめてもきっと答えられないだろう、という予感がする。部屋でおとなしく待つことにする。

昼食

 12時半、突然待望の水が出始める。良かった良かった。そこで早速昼食にする。昨日の残りのピラフ、バナナ、スイカ等。安上がり。

クヒオビーチ

 クヒオビーチに行くのが日課となっているが、今回は台風のうねりが残っていたせいか、結構波があった。波間にプカプカ浮いているのも楽しいものだ。息子もきゃーきゃー言って騒いでいる。何事かと近くを泳いでいる外人のおばさんがびっくりして振り返ることが何回もあった。

 単に喜んでいるだけだと知ると、みんなニコッとして微笑んでくれる。2時間ほど泳いで、戻ってシャワー、休憩。パシフィックモナークは、ビーチに近いのでこの辺の移動が本当に楽だ。

フードパントリー

 夕食はステーキを食べようということで、フードパントリーまで肉を買いに行った。日本のスーパーで売っているような大きさのチップステーキが3つ入ったものが5.11ドル。安い。ダイエーあたりはもっと新鮮で安いらしい。サーモンも買ってみる。2.56ドル。それに息子の朝食用のマフィン 1.35ドルとカップスープ 1.89ドル。全部で11.4ドルぐらい。エクスプレスのいつものお姉さんのレジで購入。

インターネットカフェ

 一旦戻って、夕食までまだ時間があったのでインターネットカフェへ。hotmailワイキキビーチからのサンセットの使い方もわかり、気楽に操作できる。前回出したメールの返事が数通。再度返事を書く。自分のHPに行き掲示板をチェック。seaborniaさん、いなかもんさんから書き込みがある。急いで返事を書き込む。プライベートな話題でなければ掲示板は連絡用に使えるもんだ、と改めて見直した。使用料5ドル。

夕食

夕食はソーセージとキャベツの炒め物をつまみにビール。頃合いを見て、カップスープ、パン、ステーキという、ちょっとだけ豪勢な夕食。

 食後サンセットを見にクヒオビーチへ。条件はこれまでで最高だった。しかし今年は何故かサンセット後すぐに暗くなってしまい、赤赤とした夕焼けを見ることが出来ない。残念。戻って入浴。寝たのは9時半。今日の出費 約46ドル。


トップページに戻る 旅行記表紙に戻る 第10日目 カハラ・モールへ