航空会社の選択

 私の過去5回のハワイ行きのうち、3回は中華航空(内2回は格安航空券、1回はマハロクラスと呼ばれるビジネスシートのエコノミー食事です)、初めての1回は日本航空のビジネスクラス(新婚旅行です)、そして残り1回が全日空の飛び丸です。

 今回早めに航空機を選択するに当たっては、今年(1999年)春のエービーロードに掲載されている旅行社の同時期の格安航空券の運賃を参考にしました。以下の表がその料金表です。

航空会社
料金(万円)
期間
旅行会社
その他
ユナイテッド

10.4

716−729 HIS
ノースウエスト 

10.5

716−729 JTB
日本航空

12.8

716−729

ジャルパック  離島 +8000
未定

7.8

723−728

ジャルパック
全日空 

12.3

723−728

全日空 離島 +8000
中華航空 

8.1

723−728

てるみ
ユナイテッド

9.8

716−729

てるみ 離島 +6000
コンチネンタル 

7.5

725−730

てるみ
ノースウエスト

9.0

716−729

てるみ
中華航空

7.5

723−728

ダイナステイ 離島 +10000
中華航空

10.2

723−728

ダイナステイ 2階席

 ただし日本航空の12.8万は正規格安で、単なる格安航空券は9万から。よって大人二人と子供一人の合計料金は計27万〜34万。全日空の場合は31万。ユナイテッドは約30万。ノースは27万。コンチが24万。中華が22.5〜31万。但し中華航空の31万はビジネスエコノミーを利用した場合。

 最近は為替が円高に触れていますので、UA、NWは来年もう少し安くなるのかな、という期待はありますが、提携便の関係もあるので極端な変動はないだろうと予想しました。

 最終的には、今年夏に経験した中華航空の2階席がなんとも快適で、日航や全日空とほぼ同料金でビジネスのシートに座れるので、これに決定しました。


トップページに戻る 旅行起表紙に戻る 宿泊先へ