宿泊場所の検討

航空券の予約(1999年11月)

 中華航空のチケットはどこで予約をすればベストなのかはよくわかりませんが、エービロードを見ているとダイナステイホリデーという会社があって、ここは中華航空の出資比率が高い会社のようなので、今年の夏と同じように、この会社にチケットの手配をお願いしようと思い、まず料金が設定されていない今の時期に、来年の夏の予約が可能かどうかをメールで質問しました。

 返事はすぐに来て、予約は可能だが、正式料金は3月頃になるだろう、ただしその金額を聞いてからキャンセルしても予約金は全額返金する、ということだったので、とりあえず予約をしておくことが得策と判断しました。予約金は3万。

 メールの返事をもらって、今度は直接会社に予約の電話を入れ、確認のため同じ質問をしましたが、返事の内容は全く同じでしたので、仮予約をしました。その後契約書が送られてきましたので、仮予約金3万円を振り込み、無事予約終了です。

宿泊場所(1999年12月)

 次は宿泊場所です。本来ならラスベガス、またはハワイ島の筈でしたが、賃金カットの影響もあり、オアフ内の宿泊となりました。

 それなら、ということでカイルアあたりのB&Bも考えたのですが、到着したその日にレンタカーを運転し、子連れでノースまで行くのにはかなり抵抗があります。

 結局定番のワイキキ泊になってしまいました。ではワイキキのどこにするかということになりますが、今年のハワイアンコンドを経由したロイヤルクヒオやバニアンの滞在で、すっかりこの会社に慣れたこともあって、またここの料金の安さに引かれて、再びここに頼むことにしました。

 第一希望はパシフィックモナーク。人気があって、なかなか予約が出来ないコンドですが、今からなら大丈夫だろう、と判断しました。これまでの経験で、子連れの場合、部屋が広いこと、食事が作れること、飲食店が近いこと、ビーチが近いこと、バス停が近いこと等の条件はかなり大きい意味合いを持つことがわかってきました。要するに立地条件が大きいウエートを占めるわけです。

 パシフィックモナークは、まだ宿泊の経験がありませんから、あまり大きな事はいえませんが、立地条件は非常に優れています。ワイキキのほぼ中心部にあり、ロイヤルハワイアンショッピングセンターやフードパントリーが近い上、クヒオビーチやホノルル動物園にも徒歩で行ける距離です。

 ロイヤルクヒオも飲食店が近くに多数あり、セキュリテイーが優れ、暮らす感覚で宿泊できるコンドですが、子供が小さい場合クヒオビーチまで徒歩で行くのにはちょっと辛い距離です。バニアンはビーチには近いのですが、近くに子連れで気楽に食事ができる店が少ないような気がします。カラカウア通りを散策するにもちょっと遠い気がします。

予約

 ハワイアンコンドにメールで予約の依頼をしてみると、すぐに返事が来て、予約はOKとの事。再度予約をしたい、という意志表示とクレジットカードに関する情報を伝え、なんとか予約が完了しました。後は契約書が航空便で送付されてくるのを待つだけです。

 と思って待っていましたら、約1週間後エアメールで予約確認書が送付されてきました。これを持って事務所に出向けば、自動的に部屋に入れます。ところがちょっとこれまでと違ったことがありました。

 今年2回の旅行でも、次回の旅行でもアーリーチェックインを希望していました。今年の場合はそのための割増料金は半泊分だったのですが、今回予約書を見ると1泊分が請求されています。今現在、この件についてはメールで問い合わせ中です。

 なお宿泊料金は、パシフィックモナーク18階の1ベッドルームで、ダイヤモンドヘッド アンド オーシャンビューとなっていて、税金やらハウスクリーニングやらの料金をすべて含んで、1泊100ドル弱に納まりました。もっとも18階では、オーシャンビューというのは、ちょっと誇大広告気味かなと思っています。

 というわけで、おおまかな日程や、飛行機、宿泊場所が決定しましたので、次はどこへ行こうか、何をしようか、何を食べようか、何を買おうか、という楽しい旅行計画の作成に入ります。


トップページに戻る 旅行起表紙に戻る 最終結果へ