第6日目 グリーン島へ

腹具合を気にしながら桟橋へ

 6時過ぎに起きました。桟橋集合は7時45分(出航は8時半)を指定されていましたが、それにしても早すぎます。

 理由はいくつかあります。一つめ。こういった朝の予定が入ると、どうしても少し早起きしてしまうこと。サラリーマンだった名残のような気もします。

 二つめ。実は昨晩のピザやさんに愛用していた帽子を忘れてしまい、それを朝、取りに行こうと思っていたこと。

 三つ目。腹具合。どうも昨晩からお腹が緩い。これはもしかしたら昼間の「生牡蠣」のせいではないかという不安がありました。

 牡蠣に当たったと言う話しはよく聞きますが、その症状は結構ひどいものです。とても船に乗って遊びに行けるとは思えません。

 果たして自分の体調はどうなのか?昨晩服用した整腸剤の効力はあったのか?一応体調を気にして、朝食はバナナぐらいしか食べませんでした。

 これまで海外で体調不良になり医者にかかったという経験はありません。だからこそなおさら気になります。

 しかしお腹が緩いと言っても、ひたすらトイレに駆け込むというような症状でもないので、とりあえず傘や水着、タオル、さらにビーチサンダルを持って出発。

 先ずはサザンクロスから最も近いビーチに出て、角の店へ。テーブルを拭いているお姉さんがいたので、「すいません。昨晩私はここで帽子(キャップ)を忘れたのですが」と言うと、「あ〜ハットね」と言って、すぐに分かってくれました。

 どうやらここでは野球帽もハットと言うのかなと思いつつ、レジの横に置いてあった帽子を感謝を込めて「サンキューベリーマッチ」と言いながら受け取りました。


グリーン島ツアーのチェックイン

 そのままビーチ沿いに歩いて港のチェックイン場所へ。建物の中にはいると、20人ぐらいの列が出きていましたが、カウンターが5つぐらい開いているので手続は迅速です。

 5分ぐらいで順番が来て、残金をクレジットカードで支払い、乗船券を受け取りました。チェックインは日本語でした。それだけ日本人が多いと言うことだと思いますが、周辺には中国系のツアー客と思われる人が多数いました。

 気になったのはチェックインカウンター上に、今日の午前中はクラゲ警報が出ているという案内板があったこと。ハワイと同様、ある時期にクラゲが来るみたいです。
ケアンズ港に入ってきた豪華客船
 やっぱりグラスボートが正解だったなと内心で思いつつ、示された出口から船に向かいます。船は昨日確認した船でした。

 8時ちょっと過ぎに乗船開始。私は三層になっている一番上のオープンデッキの後ろの方に座り、360度の景色を楽しむことにしました。

 しかし中国系と思われるツアー客が後から後から乗り込んできます。さすがに日本人もいます。中国系5割、日系3割、欧米系2割という感じでしょうか。

 どこに行っても中国系の家族連れがいます。その中で妙にうるさい集団が目立ちますが、それ以外は言葉が気になるものの、マナー不足の集団ばかりではないことも徐々に分かってきました。

 乗り込んでしばらくすると、目の前を8階建てぐらいの豪華クルーズ船が横切ってきました。でかい船で、世界一周をしているのではと思われます。


トップページヘ
ケアンズ旅行 グリーン島到着