第7日目 夜景を撮影後「誠心」へ 

フェアウェイビラの屋上から見たサンセット
日没直前
フェアウェイビラの屋上から見たサンセット
日没後
アラモアナ方面のアラワイ運河
フェアウェイビラの屋上から見た夜景
ダイヤモンドヘッド方面のアラワイ運河
ヒルトンハワイアンビレッジの花火


 屋上では欧米人の団体さんがBBQをやっていました。ワイワイガヤガヤと楽しそうです。本当に男性も女性もおしゃべりが好きですね。

 この日の夜景はなかなか美しかったです。こうゆうときこそビーチで撮影が良かったなと思いましたが、フェアウェイビラからビーチに出るまでは、10分近く歩かないといけないので、これはちょっと不便。

 フェアウェイビラの屋上は南北に長い長方形で、4隅には何もないので、それぞれのコーナーから夜景を撮影することが出来ます。

 割に美しい夜景が撮影できたことに満足し、そのまま1階に降りてフードパントリー前のバス停へ。

 向かう先は、掲示板で教えてもらった「誠心」。ヒルトンハワイアンビレッジのすぐ近くにあります。

 バスを降りた瞬間爆発音が聞こえたので、「何事だ!」と一瞬焦りましたが、周囲の人はみんな同じ方向を見ています。何と花火打ち上げちょうどぴったりの時刻でした。

 慌てて写真を撮影。しかし花火の撮影は難しい。しかも打ち上げは5分程度で終わってしまいます

 5〜6枚撮影することが出来ましたが、手持ちで撮影しているので手ぶれがあったり、ちょうど開いた瞬間にシャッターを押せなかったりで、「うわ〜、焦るぞ〜」なんて思っている内に打ち上げ終了。

 周囲の人たちは、あっと言う間に散らばってどこかへ行ってしまいました。

 私も後を追うように、頭の中に入れてきた地図を思い出しながら適当に歩いていくと、お店を発見。

 カウンターとテーブル席があるので、「めんちゃんこ亭」と似ています。

 料理は日本人の方が寿司等を担当しているようで、ビールと焼酎を飲みながらサツマ揚げ、牛すじ煮込み、ぶり大根なんぞを食べて満足。

 料金はチップ込みでおよそ30ドル。まあ日本の居酒屋とほぼ同じ値段だなと思いました。

 ちなみに牛すじ煮込みは、ひたすら煮込んだスジみたいで、プルプルのゼラチン状。コラーゲンたっぷりと言うことでしょうか。意外にあっさり味で美味しかったです。

 このお店なら、一人でも違和感なく利用できるなと思いました。というわけで、この日の夕食は満足です。


トップページヘ 2013年 ハワイ旅行記 アラワイ散策