第3日目 ネコ・グリル&バーで夕食


 屋上からあちこちを撮影して部屋に戻ったのが5時半。さて夕食をどうするか?これまでの知識を総動員して考えた結果、カパフルの「焼き鳥 グラッド」か、マッカリーの「ネコ・グリル」(新しくできたグリルで、以前は「あ・うん」というレストラン&バーでした)のどちらかにしようと決めました。

 では実際どちらにするのか。実はカパフルへはクヒオ通りから東に向かって2番か13番バス。ネコは西に向かって13番バス。どちらか先に来た方に乗ろうと思っていたのですが、ザ・バスのサイトでリアルタイムの状況を見ると、カパフル行きが先に来そうだと判断。

 とりあえずヤキトリ目指して部屋を出ます。「う〜ん、今日はおいしいヤキトリ三昧か」なんて思いながらフードパントリーの前まで来たら、なんとそこで掲示板でいつもお世話になっているmaikaさんとばったり。

 思わず「お久しぶりです」と大声が出てしまいました。時間にして5〜10分ぐらいでしょうか。フードパントリー前ですから、客観的にはかなり目立つ場所ですね。

 ちょっと立ち話をしていたら、カパフル方面の2番、13番バスが続けて目の前を通過。それを見て行き先が、急遽焼き鳥からネコに変更となりました。(最近バスは30分おきぐらいが多くなっています) 結果は大正解。

 13番バスは今年から?ルートが若干変更になり、東はカイムキ方面、西はマッカリーやドンキの南側を通ってアラモアナ方面に向かうという複雑なルートになっています。

 maikaさんと別れて5分ぐらいで13番バスが来ました。早速乗り込んで、アラワイ運河の手前で下車。そこから3分ほど歩き、マッカリーショッピングセンター内へ。

 「あ・うん」には息子と行っていますので、場所は分かっています。ショッピングセンタービルのほぼ中央。階段のすぐそばです。ドアの左側にネコのモチーフのシルエット

 ドアを開けて中にはいると、店内はちょっと薄暗く欧米人好み。グリルと言うよりバーという色彩が強い照明です。日本で言うと落ち着いたスナックという感じでしょうか。

 左側にカウンター、右側にボックス席という配置は以前と同じ。ただ内装はきれいになっていたように思います。

夜のカラカウア通りのウクレレ演奏
夜のカラカウア通りのウクレレ演奏
フェアウェイビラ屋上からの夜景
フェアウェイビラ屋上からの夜景

 一人なのでカウンター席左側に座りました。先客はカウンター席右側に一人、テーブル席に1組。男性の店員さんが一人、女性の店員さんが一人。

 すぐにお勧めメニューを見せられ、ちょうとハッピーアワーで、つまみ等安くなっていました。

 調子に乗ってタコワサ、春巻き、鶏の唐揚げをつまみにして、ビールのあと焼酎水割りを2杯、仕上げにお茶漬け、とグリルという名前には値しない料理を次々と注文。

 合計がチップを含めて43ドル。かなり散在。(ステーキが食べられそうです)

 ちなみにここが気に入った理由ですが、混んでいない、料理の味がよい(料理担当者は以前と同じ方のようです)、そしてこの日ちょっとだけ話が出来たウエイトレスさんは日本語も出来るといううれしいおまけ付き。

 次は月曜が当番日だというので、月曜にまた行こうと思っていたのですが、結局行けずじまいだったのが心残りです。

 やはり飲みに行って、カウンター越しに話が出来るというのは、話し下手な私でも嬉しいものです。

 ちなみにこのウエイトレスさん、両親は日本人のようですが、ほとんどハワイで生活しているみたい。一人旅の場合には利用価値の大きい店だと感じました。特にハッピーアワーは狙い目です。

 店を出て、バスを待つのが面倒だったので歩いてカラカウア通りへ。アラワイ運河を渡るときの夜景がきれいだったので撮影。

 カラカウア通りでは、いつものように占い、手品、動かない銅像の真似、似顔絵、音楽と様々な大道芸が行われていましたが、その中で二人の少女によるウクレレの演奏が目立っていました。音楽好きなので、こうゆう演奏は大歓迎。チップを置いて撮影。可愛らしい子達です。

 フェアウェイビラに戻って、ついでだからと思い屋上で夜景撮影をしていると、ここで掲示板に書いてくださったmidoriさんに偶然遭遇。子供さんの星空観測のために来たと言うことでしたが、あまりの偶然にびっくりです。


トップページヘ 2013年 ハワイ旅行記 太平洋航空博物館