2013年準備 宿泊場所検討編(1)

 宿泊場所ですが、例年家族では「ワイキキ・バニヤン」を利用することが多く、それ以外ではコンドミニアムは「イリカイ」「ロイヤル・クヒオ」「パシフィック・モナーク」の三つ、ホテルでは「ハレクラニ」「ワイキキパーク」の二つしか経験がありません。

 ところが今回は私の一人旅が決まりましたので、これまでの宿泊先と同じでは、部屋の広さも料金的にももったいないなと思うようになり、「家族でハワイに行こう」というブログで書いたように、新たな宿泊先を検討しています。

 しかしハワイのホテルやコンドミニアムの料金体系は基本的に部屋料金となりますので、一人になったからと言って宿泊料金も半分になるわけではありません。そもそも日本のビジネスホテルのようなシングル仕様の宿泊場所はまったく無いように思います。

 ということを念頭に置いて、先ずはエクスペディア等で一人で宿泊できそうな場所を探してみましたが、これは全然うまくいきませんでした。

 そこで、昨年も利用させてもらった、安値価格の目安となる「バケーション・レンタル・バイ・オーナーのページ」で、先ずは表示価格が100ドル以下で、自分の日程で空きがある部屋を検索してみました。

 結果はブログに書いたものとは違い以下のような名前が出てきました。「アイランドコロニー」「ワイキキ・バニヤン」「ワイキキ・パークハイツ」「フェアウェイ・ビラ」「バンブー」「ロイヤルガーデン・アット・ワイキキ」「アロハ・サーフ」。

 この中で圧倒的に物件数が多かったのは「ワイキキ・バニヤン」で、その次が「フェアウェイビラ」でした。つまり選択の幅が広いと言うことです。

 次にこれらの中から私なりの選択条件を考えてみると
@ バスタブがあること

A フルキッチンまたはキチネット付き

B バスが利用しやすい

C 駐車場がある

D フードパントリー等が近い(歩いて7〜8分以内?)

E ラナイがある

F 周囲がうるさくない

G 古くても清潔感がある

H 部屋でネット接続が可能

 そして出来ればと言う条件で
@ ワイキキの中央から東半分

A ラナイからの景色(見通し)がよい(山側で充分)

B ワイキキビーチ近辺の散歩に行きやすい

C カジュアルな食事場所が近辺に点在している

と、こうやって自分の条件を満たすものを絞り込んでいくと、なんだかんだと言っても結局「ワイキキ・バニヤン」が有力候補になってしまうようです。


トップページヘ
2013年 ハワイ旅行記 具体的な候補の検討