2013年準備 宿泊場所検討編(2)

 宿泊場所の目安が分かったところで、改めてこれまでに調べてきたバケーションレンタルの管理会社のサイトを一つ一つ検索し、その宿泊料金を調べる作業に入りました。この間の動きは「家族でハワイに行こう」というブログと基本的に内容は同じです。

 繰り返しになりますが、私の宿泊期間は8/21〜8/29の8泊です。この期間に出来れば1泊100ドル前後で宿泊できるところを探すというのが目標で、これまでこのブログに書きながらリンクしてきたサイトを順に見ていくつもりです。

@ 「ハワイ不動産総合情報
 以前バニヤンの予約で1回だけお世話になりました。

 しかし紹介されている4つのコンドミニアムをすべてチェックしましたが、価格的に妥協できません。当時よりかなり値上がりした印象です。部屋指定無しでもかなり厳しいです。

A 「Hawaiian Dream Vacations
 日程を入力して検索すると2軒ヒット。バニヤンが8泊で960ドル。サンセットが800ドル。サンセットの物件は私の希望に合っていますので、詳細を見てみると12階のダイヤモンドヘッドビューの部屋みたいです。

 ツインベッドの写真が出ていますので、一人旅の私にとってはちょっともったいない。出来ればクイーンサイズのベッドでど〜んと寝たいものだと思っていました。

 また料金は部屋料金のみの提示なので、この他にいくらかかるのかがわかりづらいです。その他の追加料金のところを見ると、予約手数料45ドル、清掃料175ドル(1ベッドルーム)だそうで、良いかなと思ったのですが、宿泊料金に税金を加算し、さらにこれらの料金をプラスすると、8泊の合計料金が1132ドル。

 1泊換算で141.5ドル。やはり予約手数料とクリーニング代が大きいです。一応候補として考えようと思っています。 

B 「スターツハワイ.com
 この会社でも以前予約手続を勧めたことがありますが、印象は良かったです。

 ロイヤルクヒオのレンタル物件があります。スタンダードの部屋が8月中は1泊112ドル(7泊以上が条件)です。合計料金の概算ですがクリーニング代が94.24ドルと書かれていますので

 112×8×1.14+94.24=約1116ドル。1泊あたり約140ドル。合計額を日本円で換算すると(為替を98円で計算)約109400円。昨日のワイキキ・サンセットより条件が良くなりました。お気に入りに追加です。

C 「Captain Cook
 英語サイトです。読者の方から「良い」という話を聞いています。ホームページの動きがちょっと重く感じられました。

 日程を入力して検索すると50件近い物件が出てきました。これを価格の安い順に並べ替えてみると、一番安かったのが「ワイキキ・パークハイツ」の1泊115ドル。

 その次が「マリンサーフ」で1泊120ドル。ということは、このサイトで選ぶなら「パークハイツ」ですね。ここは一昨年息子と一緒に宿泊し、日本風のお風呂が使いやすいことを知っています。場所もひじょうに便利、セキュリティもしっかりしています。

 欠点?は日本のマンション風で、リビングエリアがちょっと狭いこと。(1人なら問題ない広さですが)海の景色が見えにくいことぐらいでしょうか。宿泊価格は上記のロイヤルクヒオよりちょっと高くなりますが、ロケーションを考えると許容範囲かなと思います。

 こうやってみてくると、当初から予想しているように、バケーションレンタル物件とはいえ、ある程度のグレードのものを求めると、夏場の宿泊価格はだいたい1泊115ドル前後が下限かなというきがしてきました。

 それでも大手の旅行代理店に較べればかなり安いとは思いますが、一人旅の宿泊としてはやはり贅沢だなと言う印象がつきまといます。

D 「HIS

 掲示板でいつもお世話になっているおかぼさんから、「HIS」が安いですよ、という情報を頂きましたので、早速その物件を見ています。

 日程、人数を入力して検索すると65件ヒット。これを価格の安い順に並べ替えると、私が候補として考えていた「イリマホテル」や「ロイヤルクヒオ」が出てきました。

 それそれの部屋の一番安い料金は「イリマホテル」が82400円。かなり安いです。ホテル仕様の部屋ですがキッチンもついています。昨年やはりこのサイトの掲示板でお世話になっているToshiさんが宿泊され、その時の体験記を送って下さったので、それも宿泊ページにのせさせてもらっています。

 これを読むと一人暮らしにはちょうど良いかなと言う気になります。というわけで値段を見るとかなり安いのでまたまた候補が増えました。 

 続いてロイヤルクヒオですが、こちらは1ベッドルームで総額85600円。これまた安いですね。両者とも税金、サービス料等込みと書かれていますのでびっくりです。クリーニング代については記載がありませんでした

 ロイヤルクヒオについては、その昔宿泊したことがあり、住んでいる方が多いため一部建物のメンテナンスが追いついていない部分があったなと言う印象を持っていますが、部屋については特に問題ありませんでした。

 しかし私が宿泊したのは1999年ですから、すでに13年が経過していて、その間リノベーションが行われたという話は聞いていませんので、設備のさらなる老朽化の印象は大きいかなと思えます。

 ただ安いのは助かりますし、ロケーションもレストラン等を頻繁に利用する方には向いていそうです。ただし部屋によってはクヒオ通りの喧噪がうるさく感じられるかもしれません。

 ちなみに、ずいぶん安いなあと思って、定宿のワイキキ・バニヤンの価格はどうなんだろうと見てみると、8泊の総額が115200円となっていて、最初に私が予想した1泊115ドルで計算した値とほぼ同額でした。いろいろ情報が集まってきましたが、かえって迷う部分も出てきました。


トップページヘ
2013年 ハワイ旅行記 宿泊場所候補のまとめ