第6日目 カララウ展望台

 プウオキラ展望台で足元から鋭く落ち込んでいる崖のスリルを楽しんで、ここからUターンです。ユーターンして最初の目的地は、カララウ展望台。コケエ・ロッジから来る途中にありましたが、左側にあるので後回しにしました。

 私はそれぞれの展望台からの景色がどのようなものであるかまでは下調べをしていなかったので、車を停めて展望台に着いたときに見えた景色がどんなものであるか、まったく知りませんでした。

 カララウ展望台に到着し、遊歩道を進んで行き、無事展望台にたどり着きましたが、正面に霧がかかっていて正直ちょっとがっかりしました。そのとき見えたのが、左側の尖がった山だけだったからです。

 「なんだ、はるばるきてこんなもんか。まあいいや。ともかく霧が晴れるまでもうちょっと待ってみよう」と思って周りの景色を眺めていると、突然目の前の霧が薄くなり新たな景色が見えてきました。

 それは真っ青な海と、深く切れ込んだ山の稜線と緑の平原が、バランスよく配置された、まさに絵葉書のような景色で、絶景はもう充分かなと思っていた私は再びカメラを構えて、バシバシ撮影。

 もし海側に出たら山がスパッと海に落ち込んでいる様子が見えるんだろうなあ、だから観光船があるんだと改めて納得です。

 帰国後あらためてネット等で調べてみて、カウアイ島の代表的景色の一つを見てきたんだと分かりました。しかしこのときは3分ぐらいするとまた霧がかかってしまいました。しかしその後もう1回チャンスがあり、そのときは山肌沿いに飛ぶヘリコプターと、海側を航行する観光船?の姿を見ることが出来ましたが、ヘリコプターは蚊よりも小さく見えました。(写真は3分後のものです)

カララウ展望台 カウアイ島

トップページヘ
2011年 ハワイ旅行記 ワイメア渓谷展望台