第八日目 アイホップ、ワイキキ水族館へ

アイホップ パンケーキ
アイホップのパンケーキ3枚セット
ダイアモンドヘッド カピオラニ公園
カピオラニ公園から見たダイヤモンドヘッド
ワイキキ水族館
ワイキキ水族館入り口
カピオラニビーチ ワイキキ
ワイキキ水族館裏手から見たワイキキ
ウクレレプアプア シェラトンワイキキ
ウクレレ・プアプア


  テーブルに案内したり料理を運んだりしていた女性はいまいち無愛想で疲れている感じです。こんな感じの従業員さんは、以前にもエッグスンで見かけました。ひじょうに忙しく仕事をこなしているのかもしれません。

 日本語のメニューがありましたが、メニューを渡したきりでなかなか注文を取りに来ません。

 パンケーキ5枚セットはとても食べられそうになかったので、オリジナルの3枚セットを食べました。

 シロップが4種類(ブルーベリー、オールド、バターPECAN、名無し)あって選べるのが良いですね。私はいわゆるオールドというシロップが一番おいしく感じられました。

 ところでメニューを詳細に見ると、不思議なことに、全く同じ料理でシニアメニューがあって、こちらの方が若干安くなっています。

 この料理を頼むには年齢証明が必要なのかなとも思いましたが、一応年齢条件は満たしているので頼んでみましたが、全然問題ありませんでした。要するにシニアの人にもっと来てもらいたいという店側の方針なのでしょうか。

 結局息子の方が高いパンケーキになりましたが、出てきたのはまったく同じパンケーキ。大きさが直径15cmぐらいで3枚重なっています。

 味はケオニとそれほど変わらない感じがしましたが、好みによると思いますがケオニの方がもちもち感がありました。コーヒー等の飲み物の一部が飲み放題です。

 料金は息子も3枚セットで、チップを入れると22ドル。2000円ぐらいの昼食です。テーブルでサーブしてくれたお姉さんは無愛想でしたが、その横でアシストしてくれた若いお姉さんは笑顔がすてきでした。

 午後は息子は宿題をやるというので、私は久しぶりにワイキキ水族館に行ってきました。バスでワイキキの一番東側の終点まで行き、そこからカピオラニ公園を徒歩で横断します。途中の公園から見たダイヤモンドヘッドの景観を気に入っています。

 入場料を払うと、説明のための機械(日本語版もあります)を渡してくれますが、面倒なので断りました。中は数年前とほとんど変わらず、先ず右側の水槽を順に見ていきます。

 ハワイらしいカラフルな熱帯魚が出迎えてくれますが、なんとなく魚たちもゆったり泳いでいるように見えます。

 室内の水槽を抜けるとリーフの水槽があります。この横で、きれいなお姉さんが、英語でいろいろ説明してくれますが、専門用語が多くなると思い質問はパス。

 水族館を出て、その先のビーチまで徒歩で移動し、写真を撮影。再びワイキキ方面に戻りながらカピオラニ公園前のビーチを撮影。ハワイはどこで写真を撮ってもきれいに写るので、ついつい撮影枚数が多くなります。

 いったん部屋に戻って休憩しながらフリーペーパーをめくっていると、この日はシェラトンに新しくできた「ウクレレ・プアプア」で、もうすぐ無料のウクレレレッスンが行われることが分かりました。

 昨年1回体験してみて、意外に弾けることが分かりましたので、ちょっと自信を持って、今回も行ってみることにしました。

 ロイヤルハワイアンショッピングセンターの中央の通路を横断し、シェラトンのロータリーを回り込んでホテル内部にはいると、すぐ右側に「ウクレレ・プアプア」がありました。ひじょうに目立つ位置です。

 予定時間が近づくと15人ぐらい集まりました。講師はなんと昨年と同じお兄ちゃんでした。ただし教え方が少し変化していました。コードを押さえて弾くだけですから、指のポジションさえ分かれば、ギターの経験があるのでほとんど苦労しません。

 「これならウクレレが1本あっても良いかな」、何となく悪魔の囁きが聞こえたような気がしました。

 夕食は自炊です。しかしフードパントリーで買った「アヒポケ」はいまいちでした。ドンキホーテの方が圧倒的においしいと思います。


ハワイの表紙に戻る 2010年旅行記表紙へ セイバーズへ