ツアーと個人旅行の値段比較

 ツアーと個人旅行の値段を比較してみました。データは2010年11月時点で、HISのツアーと航空券調査しました。さて、どんな結果が出るでしょうか。

ツアー 個人旅行
日程 11月8日出発の4泊6日 11月8日出発の4泊6日
宿泊 パシフィック・ビーチ・ホテル
(部屋指定無し)
自分で手配
航空会社 未定 自分で決定
旅行人数 2名 2名
航空券代 ツアー代金に含まれる チャイナ49000円
JAL55000円
送迎 混載バスで無料 自分で手配
行きはバス、帰りはタクシーと換算
エアポートリムジン2名で片道1500円
タクシーなら片道4000円(チップ込み)
宿泊料金 不明 自分で手配
4泊で66800円
入室 15時チェックイン 15時チェックイン、ただし配慮があるかも
ワイキキでの
移動
レアレアトロリー乗り放題
バス等は自分で支払う
バスを使うと仮定
4日間乗り放題のパスが二人で4500円
ツアーデスク あり なし、自分で手配
代金計 126000円×2名=252000円 49000×2+5500+66800+4500
=186800円(チャイナ利用)

 驚いたことに、圧倒的に個人旅行の方が安いです。HISで調べたのがいけなかったのでしょうか?実は個人旅行の方が高くなると思っていました。

 チェックインの時間ですが、私がいつも利用しているバニヤンの業者で、チェックイン時に待たされたのはこれまで1回だけで、それも1時間程度でした。結局11時頃には部屋に入っています。

 次にワイキキでの移動ですが、トロリーは乗ってしまえば早いのですが、時間によっては停留所での待ち時間が長くなります。バスは結構いっぱい来ます。ただし停車駅が多いので、時間はトロリーよりかかります。

 なおトロリー乗り放題を謳い文句にしていますが、最近はJCBのトロリーがワイキキ〜アラモアナ間をいつも運行していて、これはJCBのクレジットカードを持っていれば、運転手にそれを見せるだけで無料で利用できます。

 送迎費用については、ツアーは無料なので明らかに有利です。ただし説明会等の余計な催しがあったり、いつ空港を出るのかはっきりしないことが多く、空港での待ち時間が長かったりします。

 個人旅行の場合は、自分でお金を払う分、融通が利いて空港を出て、バスなら1時間半、タクシーなら30分弱でワイキキに到着します。

 そういったことを考慮しながらあらためて比較表を眺めると、ツアーのメリットは安心感だと思います。また空港からチェックインまでほとんど英語が必要ない、という大きなメリットもあります。

 さらにスーツケース等の荷物もツアー会社が運んでくれて便利です。また旅行中のトラブルに関しては、多くの場合ツアー会社が日本語で対応してくれます。

 デメリットは到着日の説明会。(予定があれば)混載バスによる時間のロス。ホテルの部屋が何階ぐらいか、チェックインまでわからない。場合によってはホテルそのものの名称まで出発直前までわからない。帰りの出発が早朝になる。3人以上の家族旅行の場合、料金体系がツアーによって異なる。

 まあそんなわけで、ハワイ行きの回数が増えるに従い、多くの旅行者は個人旅行に移行していくのではないでしょうか。


表紙に戻る 旅行計画の表紙に戻る ツアー会社の選択へ