パスポートの取得

申請場所と申請上の注意点

 パスポートは外務省の管轄になりますが、申請場所は各都道府県ごとに決まっています。申請から受領までの流れは外務省の渡航関連情報を参考にしてください。

 パスポート申請で面倒だなと思ったことは、先ずは申請書の書き方。初めての時はよく分からないので、申請書だけをもらってきて、自宅でゆっくり書きました。

 しかしこの方法だと、申請書をもらいに行く、申請書を提出する、さらにパスポートを受領するという、都合3回のお出かけが必要になり、仕事の調整が面倒でした。

 またその他の必要書類として戸籍謄本や住民票、写真、本人確認書類等が必要で、これらの書類を揃えるのにまた仕事の調整が必要でした。

 さらにパスポートの写真用に35×45の写真が必要になります。この写真はデジカメで撮影したものでも良いことになっているのですが、顔の大きさや背景や影、写真全体の大きさについて、かなり細かい規則があり、ちょっとでもはずれていると受け付けてくれません。

 (係員がわざといろいろアラを探して、撮り直しをさせようとしているのではないかと疑ったこともあります。言い方は丁寧ですが、言っている内容が、ここが1mmずれているとか、ちょっと影があるので、なんてねちっこく言われると、つい腹が立ちます)

 その場合はその場で撮り直しになることも多いのですが、、その写真代が結構高額です。その意味では やはりスーパーの入り口なんかにおいてある証明写真用の写真が無難です。

 ただしこれもパスポートの写真の大きさと規格が違っている場合があるので注意が必要です。

 一般的には申請の方が時間がかかるので、出来れば午前中に書類や写真を揃えて、午後申請という1日がかりのパターンが良いのではないでしょうか。


パスポートの種類

 5年旅券と10年旅券の2種類があります。20歳未満の場合は成長度合いが激しいからか、5年のものしか申請できません。

 大人の場合、ハワイに1回だけ行き、後は国内旅行のみというなら5年で良いと思いますが、今後も海外に出かける予定があるなら、迷わず10年が良いと思います。 

 手数料は、埼玉県の場合10年が16000円、5年のものは12歳以上が11000円、12歳未満は6000円と高額です。

 何故にこんな高い手数料を払わなくてはいけないのかは不明です。まあそれでも10年で16000円なら1年あたり1600円で、これが海外に出たときもっとも効力を発する証明書ですから、やむを得ないのかもしれません。

 しかし、特に初めて海外に行く場合は、これが予定外の支出になるかもしれません。

 また申請してから受け取りまで最低1週間ぐらいの日数が必要ですから、旅行間際になってパスポートを作ろうとすると間に合わないことがあります。

 ハワイに行こう、または海外に行こうと決めたらすぐに作る手続を行った方がよいと思います。

 なおパスポート取得の際には欠格事由というのがあって、どうやっても取得できない場合がありますから、該当しそうな場合は、その内容をよく吟味する必要があります。


パスポートの受領

 受取の方は、混んでさえいなければすぐに終わります。必要な物は、受領書、印鑑、それに上に書いた手数料という名前の高額な料金です。

 なお受取は本人確認がありますので、必ず本人が行かなくてはなりません。


ハワイの表紙 ハワイ旅行の準備へ エスタ申請へ