パシフィック・モナーク
(1807号室)の紹介(その1)

位置パシフィック・モナーク全景

 ワイキキ市街のほぼ中央のクヒオ通りとウルニウ通りの角に立地し、非常に便利

 食材のスーパー、フードパントリーまで約200m、最も近いクヒオビーチまで250m、ホノルル動物園まで600m、ロイヤルハワイアンショッピングセンターまで500m、キングスビレッジまで200mと、どこに行くにも歩いていけるので、子連れには便利です。

 バス停はアラモアナに行く場合はクヒオ通りを挟んだ向かい側に、帰りは100m程手前のカイウラニ通りの角にある。

 レストラン関係ではフードパントリー近くにチリズ、ケオス、ペリーズスモーギー、そしてハイアットリージェンシーにもいろいろある。もっともリージェンシー併設のレストランは、ちょっと高め。

 道路をはさんだ向かい側に「MeBBQ」というプレートランチのお店があり、2009年には建物裏側に和食の「甚六」というお店が出来ていました。


大きな地図で見る

駐車場

 アラモアナ側から走ってきて、クヒオ通りから入る構造になっています。但し駐車スペースがあまりないため、1日9ドル必要。(2010年の現時点ではもっと値上がりしていると思います)我が家はレンタカーは使用しなかったので気になりませんが、利用者にとっては結構大きな額。


1階

 フロントと小さなコンビニがあります。フロントの前には簡単な応接セットと小さな滝と池があり金魚が泳いでいます。この池には時々ハワイ名物のトカゲが出没します。コンビニは1度も利用しませんでした。

 今回私は義母と同行しましたが、義母はアストン系で宿泊したため、フロントでチェックイン。ロンさんという大柄で気さくな人が応対してくれましが、日本語も少し分かると言っていたので安心出来ました。ここでセキュリテイ・ボックスを使用するかどうか問われました。使用料は1日2ドル。

 エレベーターに乗るためには、フロントでもらうカードキーが必要です。私のようなバケレン使用者の場合は、部屋の鍵とエレベーター室に入るためのカードキーと二種類必要。アストン系の場合は1枚のカードキーで部屋の方もOK。

 このカードキーですが、施設が古いためか読みとり速度が遅く、日本のシテイホテルのように、カードをさっと入れてパッと抜き出すとすぐにエラーになってしまいます。最初はそのコツがわからず、エレベーター室の前で7〜8回もカードを入れたり出したりしていました。



パシフィック・モナーク(その2)へ


宿泊したホテル、コンドミニアム


トップページへ