中高年ハワイ一人旅

本来は息子と行く予定でしたが(2013.2.26)

 年が明けたと思ったらもう2月も終わり。相変わらず北風が吹きまくっていて、どこにも行けないストレスを抱えていましたが、息子の進路がほぼ決定しましたので、後は高額な学費を振り込むだけとなりました。

 で、進学先の大学の2012年度の行事予定表がネットに出ていたので、これを見ながら夏の旅行をどうしようかと息子と相談すると、なんと「今年は部活かな」という返事。遂に親子二人でのハワイ旅行は途切れてしまうようです。

 ブログの題名も「中高年 一人でハワイに行こう」に変更になってしまいそうで、内心ちょっと寂しい思いをしていますが、まあ息子が自分でそうゆう判断をする年齢になったんだと考えればうれしくもあります。

 というわけで、後日急に息子の気が変わらないとも限らないので、今年の私のハワイ行きは、一応進学先の大学の日程を考えつつ、今の所どうやら一人旅になりそうな気配です。

 そこまでは良いのですが、問題は一人で何をするかですね。これは現在日本で一人で生活している、旅行好き、ハワイ好きの中高年の皆さんの共通した悩みではないかと思われます。ツアーは高い。ようやくの思いで個人手配をしても、行った先で一人で何をするのか?

 特に海外では英語が使えなければ話し相手もできないわけで、結構辛いかもしれないなとは感じています。今後はそういった一人旅についても少し考えていかなくてはいけないなと思っています。

 というわけで何をするかを今後考えなくてはいけないのですが、その前に宿泊場所です。ハワイはリゾート地ですから基本的にカップルや家族での宿泊を対象にしている施設が多く、部屋は広め、その分料金も高めです。

 しかし実際問題、すでに一人でハワイに行って生活している人もいるわけで(留学生等は除いてですが)、そんな人たちはいったいどんなホテルやコンドミニアムに宿泊しているんだろうと気になってきました。私の好きなバニヤンは、さすがに一人ではもったいない気がします。

 とはいうものの通常のホテルでは、キッチン等の設備も充分でなく、やはり私の場合朝食が作れる程度の設備(キチネット)は付いていることが望ましいように思えます。と言うことはコンドミニアムのステューディオルームでしょうか。もちろんその程度の設備が付いているホテルもありますね。

 個人的にステューディオのあるエコノミーなコンドミニアムと考えると、アイランド・コロニーパシフィック・モナーク、エワホテルあたりですが、ホテル形式も考えれば、イリマホテルあたりも良さそうです。

 そこで実際に予約するとなれば個人手配になるとは思いますが、ツアーで一人旅を予約した場合、どんなホテルを利用することになるのか、調べてみました。

 すると出てきた名前は、「ワイキキ・ゲートウェイ」「シェラトン・プリンセス・カイウラニ」「マリオット」「ヒルトン・ハワイアンビレッジ」「ハイアット・リージェンシー」「サーフライダー」「ハレクラニ」等、普通のツアーとあまり変わりません。

 余り参考にならないので、今度はエクスペディアで宿泊人数を一人として8月1日から1週間宿泊すると仮定して、安いホテルやコンドミニアムを探してみました。

 結果は最安値が「サンドビラ」で1泊9658円だそうです。次が「ワイキキ・ゲートウェイ」で以下すべて1泊10000円以上。一人だからと言って、部屋単位で貸し出すワイキキでは、宿泊料金はそれほど安くならないみたいです。 

 私が上にあげたエワホテルは11865円、イリマホテルが12033円、パシフィックモナークに至っては18028円。とても手が出ません。


表紙に戻る ホテルとコンドミニアム 一人旅のコンドミニアム