ミラマー・アット・ワイキキ

 クヒオ通り側には、通りをはさんでオハナウエスト、動物園側にはオハナ・イースト、ビーチ側はプリンセス・カイウラニというホテルがそれぞれ隣接しています。

 唯一アラモアナ側がインターナショナルマーケットプレイスで、多少視界が開けていると思います。

 フードパントリーは交差点の斜め向かいになりますから、ちょっとしたものが不足したとき便利です。

 なおミラマーのアラモアナ側の壁面にへばりついて営業している中華のお店は、なかなか評判が良いみたいです。店が狭いのが難点です。

 とまとめましたが、2015年現在インターナショナルマーケットプレイスの再開発に伴って、全面的に閉鎖されています。


大きな地図で見る

 1階に「デニーズ」が入っているホテルです。デニーズは日本資本のファミリーレストランですから、利用する日本人も多いように思いますが、外から見るとそれほどでもありません。

 むしろ欧米人の家族連れが多い様な気がします。ハレクラニ前のデニーズには以前数回入ったことがありますが、日本語がほとんど通じなかったのがショックでした。まだハワイに行き始めたばっかりの頃なので、なんだかがっかりしてそれ以来行かなくなってしまいました。

 ワイキキビーチまでは、裏手にある「インターナショナルマーケットプレイス」を抜けていけば350mぐらい。

 このマーケットプレイスのあたりは何年も前から再開発の噂がありましたが、2013年暮れに遂に閉鎖となっています。

 ロイヤル・ハワイアン・ショッピングセンターまでも同じく350mぐらい。クヒオ通り側は目の前がバス通りという便利なロケーションで、ワイキキ市街を散策するには便利な場所です。

 建物は15階建てぐらいでしょうか。180度の視界が確保できるわけではありませんが、10階以上ならそこそこの眺望を楽しめると思います。

 フロントは1階だったと思います。何だかやけにだだっ広い空間が広がっているなと言うイメージがありました。調度があまりないせいだと思います。ただクヒオ通りの喧噪に比べて、静かで落ち着いた雰囲気です。

 いくつかのレビューを見ると、日本語の通じるスタッフもいると書かれているので、心強いです。ただクヒオ通りやインターナショナル・マーケットプレイスに面しているので、低層階だと、とくに金曜日あたりは深夜までアロハフライデーで騒ぐ人がいるのでうるさく感じられる場合があるかもしれません。

 部屋のカテゴリーが選べるなら、ここはやはりオーシャンビューでしょうか。眺望もさることながら、街の喧噪から離れられるという意味合いが大きいと思います。
 
 エクスペディアで2012年7月24日の宿泊料金を見てみると「シティビュー」が13576円。「オーシャンビュー」が17191円ですが、税金等でこれより14%ほど割り増しになります。

 ただこの価格なら、日本のシティホテルと変わりません。部屋は30m2前後ですから、ハワイというリゾート地の中心部という立地の割には良心的な値段設定だと思います。

 豪華なリゾートホテルの必要性はない。部屋からの眺望はそこそこ開けていれば充分。部屋の設備も豪華な物は必要ない。交通は便利な方がよい。周辺に商店街がある方がよい。料金は安い方がよい等々、様々な条件で100%の満足は得られないかもしれませんが、80%ぐらいの満足度を得られるホテルではないかと思えます。

 なおこれは個人的な感想ですが、ミラマーというネーミングとホテルの壁に書かれている壁画?がいまいちのように思え、これでイメージを悪くしているように思えてしょうがありません。 


表紙に戻る ホテルとコンドミニアム ワイキキ・ビーチコマー