オアフ島 パワースポット一覧
(ワイキキ、イオラニ宮殿編)

パワースポットなんてまやかしだと思う人もいるかもしれませんが
ハワイに行くと、何となく気持ちが明るくなり、いろいろなストレスからも解放され
、体調もよくなったように感じることが多いです

それがハワイ諸島全体に漂うパワーのせいだとは言えませんが、
「何かがある」と感じてしまうのは確かです

ワイキキの魔法石

 ワイキキの真ん中にある交番と、夕方行われるフラショーのステージの間ぐらいにあって柵で囲まれている4つの岩です。

 さりげなくその辺をいつも歩いていますが、あまりに自然に置かれているので気がつきません。みんなデューク・カハナモクの銅像に気をとられています。

 私自身は、この石の影響かどうかは分かりませんが、フラショーのステージのすぐ前にある堤防が好みで、ここからサンセットの写真を良く撮影します。

 自分が好む場所というのも、ある意味何らかの示唆があるからそこを好むのだと考えれば、一種のパワースポットと言えるのではないかと思えます。


カヴェヘヴェ

 何とも妙な名前の場所ですが、ハレクラニからアウトリガーリーフにかけての海だそうで、一般的にはグレイ・ビーチという名前が付いています。名前の意味は「病気の除去」だそうですから、この辺りの海に入りながら、瞑想するのもいいかもしれません。

 ただハレクラニ付近には砂浜が少ないです。またアウトリガー・リーフホテルのビーチ脇に、さりげなく案内の看板が建てられています。

 ちなみに名前の由来は、この辺りから湧き水が出ているということのようです。(ワイキキという地名そのものも、ワイ(水)、キキ(湧く)から来ています)

 ハレクラニ前の遊歩道に佇んで、たまにはゆっくりと波を眺めたいと思うのですが、周辺の人通りが多い上に、波しぶきが結構上がったりして、あまりノンビリ出来ません。

 ただハレクラニの「ハウス・ウイズアウト・ア・キー」でカクテルを飲みながら音楽を聴いていると、得も言われぬ気分に浸れることは確かです。

 これは他のビーチサイドのバーとはちょっと違うなという感覚がありますので、この周辺がパワースポットであるというのも、個人的には頷けるものがあります。(単なる酔っぱらいの戯言かもしれませんが・・・笑)


カ・ヴィア・ア・ハオ教会

 レストランローのアロハタワー側の通りはパンチボール通りとなっていいますが、この通りを山側にどんどん進んでいくとサウスキング通りの交差点になります。左側にはイオラニ宮殿やカメハメハ大王像があるところです。この右手前に「カ・ヴァイ・ア・ハオ教会」があります。

 この敷地内に、昔湧き水が出ていたと言われる場所の近くに置いてあった石が置かれていて、そこに今は人工の湧き水?が出ているそうです。

 ここは行ったことがないのでよく分かりません。


ポフカイナ

 イオラニ宮殿の敷地内のワイキキ側で、バス通りのフェンス沿いにフェンスで囲まれた小山があるそうです。

 ここはかつては王族の埋葬地だったそうで、そのパワーが残っていると信じられているようです。

 イオラニ宮殿は、一度敷地内に足を踏み入れていますが、特に何も感じませんでした。このポフカイナという場所に近づけば違ったのかもしれませんので、機会があったら行ってみようと思います。


ハワイの表紙に戻る 「どこへ行こう」のページに戻る パワースポット2