第4日目 マグロブラザースへ

チョウのガーデンの案内板
チョウのガーデンの案内板
展示用温室内の植物
展示用温室内の植物
フォスターガーデンのクイポツリー
ものすごい太さのクイポツリー
ハワイ出雲大社
ハワイ出雲大社
マグロブラザースのメニュー
マグロブラザースのメニュー


 園内をぶらりぶらりと歩きながら一回りしていくと、最後の方に「チョウのガーデン」と書かれた一角がありました。

 こりゃもしかしたら珍しい蝶が、一杯ヒラヒラ飛んでいるのかと期待したのですが、残念ながら姿は見えず。

 時期によっては、いっぱい飛んでいるのかもしれません。チョウの写真をまとめた案内板が出ていたので、それを撮影して我慢です。

 さらにその向かい側に「展示用温室」というのがあったので、この中で蝶が飛んでいるのかと期待しましたが、これも間違い。

 ごく普通の温室でした。ただ美しい花がいろいろ見られて良かったです。

 最後に中央付近の遊歩道を歩いていたら、ものすごい太さの特徴的な樹木を発見。

 「クイポツリー」という名前の植物ですが、成長が非常に早く、バルサ材のように加工しやすい植物だそうです。

 それにしても、幹の直径が3mを越えるような植物には、強い生命力を感じます

 案内書の説明では、樹齢が85年だそうです。

 というわけで、すべて見終わって1時間半が経過。係りのおばさんに挨拶をして、次に向かったのが、「ハワイ出雲大社」。

 植物園を出て右折。交差点を横断し、ちょっと汚い川沿いに歩いていくと、右にあります。

 日本人参拝客が数名いました。こういった場所での作法が、きちんと日本語で書かれていました。

 一応わずかばかりの賽銭を入れ、旅行中の安全と、家族一同の健康を願ってきました。

 そこから川沿いに歩いてチャイナタウンへ。次の目的地は、「ノースホテル通り」の先にある「ケカウリケ・マーケット」内にある、「マグロブラザース」。

 ブログのコメントやこのサイトの掲示板で教えてもらったポケのお店で、おいしいポケ丼が食べられるそうです。

 というわけで、マーケット内に足を踏み入れると、まあハワイとは思えないようなごちゃごちゃした場所で、あちこちで肉や魚、野菜等の生鮮食品が売られています。

 その中をキョロキョロしながら歩いていくと、一番右奥にお店がありました。

 ショーケースの中には、マグロのブロックがごろんと置かれています。その上に案内板が出ていて、ここにポケ丼のメニューが表示されています。

 暗かったのでちょっと手振れで見難いですが、価格は8〜11ドルぐらいです。


トップページヘ
2015年 8月ハワイ旅行記 カペナのライブ演奏会