第8日目 カカアコ・ビーチパーク 

カカアコ・ビーチパークの丘の上から
カカアコ・ビーチパークの丘の上から
カカアコ・ビーチパークの小さな入り江
カカアコ・ビーチパークの小さな入り江
ホエールウオッチングの船
ホエールウオッチングの船
小さな入り江の先端の岩場から見たワイキキ
小さな入り江の先端の岩場から
カカアコ・ビーチパークから見たワイキキ方面の大パノラマ
ワイキキ方面の大パノラマ


 ビーチに出る手前に少しばかり小高い丘のような場所があって、すぐ近くに「えひめ丸」の慰霊碑があります。この近辺から太平洋を見下ろすのはなかなか気分が良いです。

 さらにそこから海沿いの遊歩道に下り、遊歩道を横断し、大きな岩のブロックの上に行くと、すぐ近くに小さな入り江が人工的に作られていました。上から見るととんでもなく水がきれい。

 この石積み堤防の先端近くまで行き、大きな岩の上に座って、景色を見ながら読書。飲物を持ってくるべきだったと反省しました。

 岩の上からデジカメでクジラやカメが見えないかと探しましたが、見えませんでした。

 ただ沖合いに私が乗船した大きな船がいて、多数のお客さんが海面を見ていましたので、もしかしたらその近くに鯨がいたのかもしれません。

 波は穏やかで透明度もあります。夏場なら沖合いでサーフィンをやっている人がいるのですが、この時は波そのものがほとんどありませんでした。

 読書をしながら座っている岩の上をチラッと眺めたら、なんか黄色い結晶構造の小さな鉱物が多数見えてびっくり。

 どうやらペリドットという火山性の鉱物のようですが、本来は緑色の鉱物(宝石の一種です)らしいので、もしかしたら違っているかも。

 30分ほどボ〜ッと過ごして、そのまま遊歩道をワード方面に向かってぶらりぶらりと歩いていくと、最初は岸壁の陰になって見えなかったワイキキの風景が、徐々に見えてきます。

 一番角まで行くと、アラモアナからワイキキ、さらにダイヤモンドヘッドまでの大パノラマが広がります。

 ここは絶景撮影のお勧めスポットだと思っています。


表紙に戻る 2015年 3月ハワイ旅行記 パイナカフェでポケ丼