ホノルル空港からアラモアナ・センターへ

帰りのバスホノルル空港 バス停

 普通空港からワイキキまではスーツケースを抱えていることが多いのでバスは使わないが、今回はほぼ手ぶらなのでバスを使って帰ることにする。

 といってもバス乗り場がどこにあるのかよくわからない。まあ適当に歩けば見つかるさ、と高をくくって歩いたが、なかなか見つからない。それもそのはず。我々は1階を捜していたのだ。つまり到着した人を主体に考えていたのだが、実は2階だった。

 うろうろ歩いている内に2階のツアー客が待たされる一角にたどりついたので、ついでにジュースを買ったが、この値段がやけに高額。グアバジュース1杯が2.85ドルとは納得できない。早朝到着した、まだ価格の見当がつかないツアー客から暴利をむさぼっているとしか思えない値段だ。悔しいので氷まで食い尽くした。

 そしてちょっと歩くと、道路を挟んだちょっと向こうにバス停の屋根が見えた。ところがバス停に書かれている行き先表示を見ると、空港からワイキキ方面も西のパールリッジの方もおなじバス停を使うような記述だった。無造作に乗るととんでもないところへ運ばれる可能性があるようだ。幸いにも見慣れた20番バスが来たので、揚々と乗り込んだ。ワイキキまでは45分ぐらいである。

アラモアナSC

 一挙にワイキキに帰り、出来ればエッグスンシングスあたりで朝食をと目論んでいたのだが、ワードウエアハウスあたりで息子が突然トイレに行きたい、と叫びだした。ハワイは日本と違って公共のトイレが少なく、見つけるのが大変である。アラモアナにはあるだろう、ということで急遽下車することにした。8時50分だった。

 早い時間なので店は開いていない。ようやくの思いで2階のトイレに滑り込んだが冷や汗ものだった。本人も相当つらアラモアナセンター フードコートそうで、5歳にしてはよく我慢したと思う。

 というわけで結局朝食はアラモアナのフードコートになってしまった。店の名前は覚えていないが、フレンチトースト 2.5ドルとパン、卵2個、ベーコンのプレートランチ、それにコーヒーとジュースを買った。全部で約10ドル

ジャングルファン

 トイレにも行き朝食も食べ、息子は元気一杯。そこで女房と子供はジャングルファンで楽しんでもらうことにした。この店、入り口は動物園みたいなぬいぐるみがおいてあって、それで終わりかと思うと奥の方がゲーム場になっているのだ。

 何回か書いているように、ハワイのゲーム場は得点によりクーポンが出され、これを貯めると賞品と引き替えることが出来る。今回も一挙30枚とかいうのがあたったらしく、ミニカーをもらってきた。

 その間私は3階のCDやさんに行き、楽譜や楽器を見て回っていた。その際店の奥のガラスケースの中に、欲しかった木製のリコーダーを発見。ドイツ製で30ドルであった。とりあえずこの時は存在のみを確認して購入はしなかった。


トップページに戻る 旅行記表紙に戻る ワイキキへ