第4日目 まずい夕食に愕然

 昼食を食べて満足し、その後いったん部屋に戻って昼寝。起きたら5時半で、風呂に入って夕食探索へ出発。

 2番バスに乗ってヘナしゅんさんのレストラン雑誌に掲載されていたケアモク通りの「みちのく」という店に行ってみました。

 店はケアモク通りに直接面していているわけではなく、駐車場らしきところを30mほど入った左側なので、初めてだとちょっと分かりにくいです。

 メニューを見ると、どうやら寿司が主体の店のようだったので、この日はちょっと遠慮。ただ外から見た限り、店の雰囲気は良さそうでした。

 いつか食べる機会があるだろうと思い、ケアモク通りに戻ってぶらぶらと山側に移動。途中ハワイに行くたびに訪問する「めんちゃんこ亭」もあるのですが、ここは定食類が少ないことが分かっています。

 今回はアルコール類は飲まない旅行なので、ちょっとアルコールなしのつまみだけでは物足りない。というわけで店の前を通過し、そこからキング通りに戻る途中の名も知れぬ中国料理の店へ。

 ただ以前この店の前を通ったとき、中国人ツアー客が多数利用していたのでそこそこおいしいのだろうと思っていました。店の名前を今グーグルマップで調べたら「カントン・シーフード・レストラン」。

 店内は結構広く50人ぐらいの収容人数。働いている人の接客はごく普通で良いと思いましたが、なにせ出てきた料理がひどかった。

 結論から言えば、ここはお勧めしません。頼んだ春巻きは見た眼は立派でしたが、作り置きのものをレンジで温めただけで、あろうことか中が冷たいまま。

カントン・シーフードレストランの春巻き

 これと一緒に大好きな海鮮おかゆを頼みましたが、味に全くコクがない。単にエビやイカ、魚の切り身がご飯に混ざっているだけという味です。

 春巻きの冷たさでちょっとクレームを言おうかと思ったぐらいですが、英語でクレームはしんどい。そこそこうまいなと思ったのはお茶だけ。だまって半分残して支払い。がっかりです。

 というわけで満たされぬ思いを抱いたまま、キング通りから2番バスに乗って帰ってきました。

 ちなみにネットを使って、今トリップアドバイザーでこの店の評価を見てみましたが、日本人の書き込みは全くなく、それ以外の書き込みでもあまり芳しくない評価が多いようです。

 これだったら、ここからキング通りをはさんだ斜め向かいにある「ロブスターキング」に行けばよかったなと思っています。

 今回は得意?の勘が全くはたらなかったなと大反省です。


トップページヘ
2017年9月ハワイ旅行 MeBBQ、ハワイ出雲大社