3007号室に入室

 甚六を出て、そのままゆるゆると歩いてバニヤンに戻り、kokoresortsへ。すでに部屋の準備はできていて、最初の入室に当たってお姉さんがついてきてくれました。

 部屋のカギはナンバーキーで、このキーがどういうわけか、私が日ごろ良く使っているナンバーと一致していて覚えやすかったです。

 またナンバーキーなので、通常のキーを持ち歩く必要がないのが助かりますが、逆にこのナンバーが知られていれば、誰でも部屋に入れるわけで、セキュリティ面がちょっと心配でした。

 というわけで、パスポートや日本円等の貴重品はスーツケースに入れカギをかけ、そのカギを持ち歩くようにしていました。

 部屋は正面にダイヤモンドヘッド、右手にクヒオビーチが見える、ほぼ予想通りの景色で、大満足。エアコンの効きも早く、音も静か。

 一通り設備を見て回りましたが、部屋の所有者およびkokoresortsの管理が行き届いているせいで、全体的に清潔感に溢れ、使いやすい部屋だなと感じました。

 部屋の詳細については、また宿泊ページでまとめようと思いますが、ベッドルームにはクイーンサイズのベッドが2台あって、これとリビングのソファーベッドを併用すれば、6人ぐらいの家族連れの宿泊にも使えそうです。

クイーンサイズのベッドが2台

 キッチンですが、写真のようにバニヤンとしては標準だと思います。もちろん食器類もそろっていて、一か月以上の長期の宿泊にも十分です。



 このほか、バスルーム、ソファー、ラナイからの景色等の写真を撮影して、すぐにコンピューターを起動。wifiにも簡単につながり、速さも十分。

 「こりやあ予想以上にいい部屋だ」と思いつつ、ちょっと着替えて大きなベッドに横になって、「ちょっと昼寝だあ」と思って寝ていたら、あっという間に1時間ぐらい寝込んでいました。

 2時ごろ部屋を出て、先ずはバスでクローズしたワードウェアハウスを見に行こうと思い、ABCで4日間バスパスを買おうと思ったら、店員さんが早口でまくしたて、かろうじて販売されていないということだけが聞き取れました。

 しかし私のヒヤリング力では、販売されていないのがたまたまなのかが良く分からず、ちょっと不満におもいながら(もうちょっとゆっくり教えるようにしゃべってくれてもいいのではと思いつつ)それ以上の問いかけをあきらめて購入を断念。


トップページヘ
2017年9月ハワイ旅行 楽天カードラウンジ