第6日目 昼食はパスタ

少しだけ海の中へ

桟橋近くの遠浅のビーチ ヘリポートを過ぎると、ほぼ島内一周完了です。桟橋近くになったところで浅瀬が続くビーチがあり、ここで休憩。

 あらかじめ着用してきた水着姿になり、胸ぐらいまでの深さまで行ってみましたが、かなりの遠浅です。水温も暖かく泳ぐのには良い条件です。

 このビーチは所々に岩があるようで、シュノケールをしている人もいました。近くにシュノーケルを楽しんでいるおじさんがいたので、「魚は見えますか」と聞いたら、「全然駄目だよ」と笑って答えてくれました。

 波も穏やかで海底は見やすいようですが、魚は少ないみたいです。シュノケールを行っていた場所と、先ほどのグラスボートまでの距離は100mぐらいですから、途中から一気に魚が増えるのかもしれません。

 ただこの場所ならシュノケールの練習には良いかもしれないなとは思いました。水はきれいで、ハワイのクヒオビーチを思い出しました。

 
昼食はパスタ

 海の中で泳いだか、もがいたかしている内に時間が経過し時刻は12時近くになっていました。昼食の時間です。

 海から上がり、適当に持参したタオルでカラダを拭き、乾かします。半乾きになったところで、中央のレストラン街に移動して、近くにあるトイレで着替え。ここにはシャワー設備もあります。

 さっぱりしたところで、周辺にある食事処を順番に見て歩き回りますが、ちょうど昼食時となり、いわゆるカジュアルレストランは、周辺に置いてあるテーブルがすべて満席。

 「困ったな。こりゃ昼飯を食べられないかな」と思った頃、一角に妙に空いているレストランがあるのを発見。いわゆるフードコートエリアとは仕切りによって分けられています。
カラマリ パスタ
 「のんびりするならこっちの方がよいか」と単純に考えて店内へ。名前を今ガイドブックで調べたら「エメラルド・レストラン」というようです。

 グリーン島唯一のファインダイニングと書いてあります。客層もカップルや中高年が多いように見えました。

 仕切りを通って中にはいり、ウエイトレスさんに「一人です」と告げて適当な席に座ります。メニューを眺めて、ビールを本。さらに「カラマリ」というパスタを選択。

 実はまったく予備知識が無く、メニューの説明を自分なりに解読してこれが良かろうと思って選択したものです。

 今改めて調べてみたら、カラマリというのは「イカ」を表しているようで、平べったいキシメンのような麺の形が特徴であることが分かりました。

 上にのっているのはチーズ。黒い実は何だかよく分かりませんが、全体に塩気があっておいしかったです。

 最初に目にしたときは「何じゃこりゃ。食べられるかな」と不安だったのですが、ビールともよくあい完食。満足しました。ただちょっとお腹の具合は気になっていました。
 
 価格がビールと合わせてチップ込みで25ドルぐらい。高級リゾート料金です。


トップページヘ
ケアンズ旅行 大失敗、船を間違える