第4日目 「祭」で夕食

 ケアンズでの初めてのバス利用も無事終了しましたが、疲れました。折角のパームコーブだったのに、雨が降ってきたのも誤算でした。ケアンズのオオコウモリ

 3時半に部屋に戻り、とりあえずシャワーを浴びてブログ等を書き足し昼寝。起きたら5時過ぎ。夕食の算段です。

 特に特定の場所を決めることもなく(だいぶ市街の地理が頭に入ってきて、利用できそうな店は限られている事が分かって来ました)、先ずはビーチ方面へ向かいます。

 サザンクロスからまっすぐビーチ方面に向かうと、オオコウモリの大群が群れている樹木の下を通ります。

 夕方ぐらいからこれらのコウモリは食べ物を求めて一斉に飛びたち、鳴き声と共に、あたりは騒然とした雰囲気になります。
ケアンズボードウォークからシャングリラホテル方面
 見上げればカラスぐらいの大きさのコウモリが何百羽も頭上を飛び交っています。日本の小さなコウモリのように、あちこちぶつかりそうになりながら急角度で動き回るのではなく、本当にカラスのように飛び回っています。

 「凄いなあ」と思いつつ、頭から糞をかけられないように、注意しながらビーチへ。

 ビーチ沿いには「ボードウォーク」と呼ばれる木の板の通路が出来ていて、ここを多数の観光客が行き交っています。

 所々にビーチを見渡せる出っ張りや望遠鏡があります。また木の椅子もあったりして、適当なところに座って、海辺で読書なんて事もできます。ケアンズ ビーチの干潟にいるペリカン

 ビーチの浅瀬の干潟には、野生のペリカンなんかがいてびっくりです。その他、サギの類もいろいろいます。

 ボードウォーク上を歩きながら夕食場所の候補となるレストランを探しましたが、この日は洋食は勘弁という気持ちになり、ちょっと内陸方面に移動。

 和食の「」というお店へ。ここは店内で料理を注文し、注文番号の札をもらって、それをテーブル上に置いておくと、出来上がった料理がその番号を目安に運ばれて来るというシステムです。

 メニューの中からさっぱりした物をと考えて、先ずはビール、そしてタコワサ、さらに冷やし中華を注文。味は比較的良かったです。
夕方一斉に飛びたつオオコウモリ
 店の前の歩道上に出ているテーブルのところで、読書をしたり、周辺を飛び回っているオオコウモリを見ながら食べました。
 
 お客さんは日本人の他に中国系や欧米系の人もいました。

 中国系は10数名の団体でしたが、予想よりも会話は静かでした。大陸系ではなかったのかもしれません。

 でこれらの合計が26ドルぐらい。日本円で2500円弱。日本なら1500円ぐらいで食べられそうです。

 それでもとりあえず日本の味に満足して帰ってきました。後は部屋でオリンピックを見ながら追加のビール。眠くなったところでベッドへ。四日目が終了です。


トップページヘ
ケアンズ旅行 セントラルのカフェへ