2014年2月の旅行に向けて

 2013年の秋に、息子が翌年2月に一ヶ月短期留学に行くことが決定。行き先はロサンゼルスだそうで、良いなあと思いつつカレンダーを見ると、私の仕事もちょうどそのころ一段落していることが判明。

 と言うことは、この時期は私自身もどこかに行くことが出来るチャンスだと言うことに気がつきました。

 しかしここのところ、数か月ごとに海外に出かけているので、時間はあるもののお金の方は、息子の留学費用と共に出ていくばっかりです。

 「少しは節約しないとな」と思うものの、こういった機会は息子の在学中2度と訪れないだろうなということも分かっています。

 一方私の年齢も60歳を過ぎ、今後は年々体力低下、海外に行く機会はどんどん減るだろうなという気もします。

 だとするとお決まりの言い訳ですが、例え家計が赤字になろうと、「行けるときに行っておこう」と思うのは、旅行好きにとっては必然の結果です。

 というわけで、もし行くとしたらどこに行こう。期間はどのくらい?予算はどうしようか?なんてことを考えながら、2013年12月にバンコク旅行に出かけました。

 帰国後、再びどうしようか?とず〜っと悩んでいて、とりあえず行きたい場所を考えて、それから実行するかどうか検討しようと思いました。

 というわけで最初に考えた候補地ですが

1. 東南アジア周遊

 バンコクの雰囲気が分かってきたので、ここを拠点にして、中高年のロングスティに人気のあるクアラルンプールやベトナムあたりを回って来れないかと考えました。

 利点は予算が少なくて済むこと。ところがご存じのように、私が訪れた2013年の年末あたりから、バンコク市内ではあちこちで集会やデモが行われるようになりました。

 しかも政府側が妥協案をある程度示しているのに、反政府側はことごとくそれを無視して反対運動を続けているので、2014年1月下旬には泥沼状態に陥ってしまいました。

 というわけで、クアラルンプールを拠点にして動き回ることも考えましたが、調べてみるとクアラルンプールも都市型の観光になるので、バンコクと同じだなと思え、結局東南アジア周遊はボツ。

 この時点で、なんかきれいな海が見たいなという気持ちが強くなっていました。


2. ロサンゼルス

 良い機会だから、息子と一緒にロサンゼルスに行って、暖かいカリフォルニアのビーチでリゾートを満喫しようかと思いましたが、調べてみるとロサンゼルスの緯度は東京とほぼ同じで、今の時期は意外に寒いことが分かりました。

 航空運賃はかなり安いので魅力的なのですが、もともとこの時期の旅行を思い立った動機の一つとして、寒い日本を離れたいと言う気持ちがありましたので、行った先がまた寒いのは嫌だなと思い、これもボツ。


3. ハワイ

 だったら、いつものようにハワイで遊ぼうと考え、一人で2週間ぐらい滞在できないかと2014年1月になって調べ始めました。

 当然日本の2月は、旅行者も少ないので、「ハワイもガラガラ。宿泊先なんて、安いところがいくらでも見つかるさ」と思っていたのですが、なんとこの時期はメインランドからの避寒客で最も混雑するんだと言うことが分かってきました。

 しかも宿泊料金も、夏よりもさらに高くなり、私がいつも利用しているようなバケーションレンタルの部屋はことごとく満室。

 結局ハワイは諦めざるを得ないということが分かりました。


トップページヘ
ケアンズ旅行 ケアンズに決定