第6日目 夕食を求めて
ワイキキ市街を放浪

 カピオラニ公園前の遊歩道から、最初はカラカウア通りを歩いていたのですが、ワイキキの東側のこの辺りに適当な店は無いと判断。

 ハイアットリージェンシー裏手の「花の里」の混雑具合を確かめて、空いていたら入ろうと思ったのですが、通りから見たら店の前に客が溢れていましたので断念。

 そこで、その角にある、まだ入ったことのない和食レストラン「踊り子」でいいかと思って店頭にあるメニューを眺めてみたのですが、どう見ても私の予算と合いません。

 どうもこの日の夕食は、またまた大誤算だったようで、じゃあいっそのこと中華のプレートランチにしようかとインターナショナルマーケットプレイスのクヒオ通り側出口付近にある中華やさんに行ったのですが、どうやらクローズ。

 「これはいかん。今日の夕食は行き場がなさそうだ」と思いつつ、今度はロイヤルハワイアン・ショッピングセンターへ。当然ながら「チーズケーキ・ファクトリー」は大混雑。

 フードコートも同様。それでもフードコートで良いかなと一度は思ったのですが、アルコールがないのが辛い。そこで、思い切ってフードコート横にある「5−O」というスポーツバーに入ろうかと思い店頭のメニューを見ましたが、心動かされません。

 しかもフードコートは大混雑なのに、この店は客がゼロで、逆に入りにくいです。3階はどうかと上がってみると、「道楽寿司」が目に付きましたが、やはりお客さんが溢れていて外で待っています。
フードパントリーのサバ弁当
 いやはや誤算続きでまいりました。しょうがないのでルワーズ通りからクヒオ通りに抜けて「こころ亭」で弁当を買って、ついでにABCでビールでも買って帰ろうと決心。

 ところがところが不運はまだ続きます。なんと「こころ亭」は店仕舞い。時間は7時50分。店の表示を見ると、夜は8時まで営業となっています。しかし店を閉めたと言うことは、お客さんがいなかったということでしょうか?

 というわけでカピオラニ公園前からず〜っと歩き続けで、いくらウォーキングが好きな私でも、いささか疲れました。こころ亭近くの「丸亀うどん」も見ましたが、当然のように大混雑。「こりゃ今日は駄目だ。諦めよう」と遂に決心。

 フードパントリーへ行き、ロングボードの中瓶とサバ弁当を購入。両者で約10ドル。最も安い夕食となりましたが、いささか不満が残ります。やはり事前にある程度行き先を決めておくべきですね。

 弁当ですが、たっぷりのご飯の上に焼きサバがデ〜ンとのっているシンプルなもの。しかし味もまあまあで、「シンプルだけど和食はやっぱりうまいな」というのが感想です。


トップページヘ 2013年 ハワイ旅行記 ケオニで朝食