第6日目 ニコスピア38
アンクルボブ、POP

ニコスピア38
左奧がコンビニ、右手前がお店の入り口
ハワイ最大の釣具店 POP
ハワイ最大の釣具店 POP
ニコスピア38 アンクルボブレストラン
アンクル・ボブのレストラン
アンクルボブのランチメニュー
アンクルボブのランチメニュー、値段が・・・・


 看板を見ながら入っていくと左側に大きな駐車場。レンタカー等はこの駐車場に停めることが出来そうです。

 その駐車場を奥に進み、右の方に歩いて行くと「VIEW CENTER」というドアがあったので、展望台でもあるのかと思い、中に入って階段を上がってみましたが、どうやらミーティングルームのようで、展望台とはまったく関係ない雰囲気でした。

 これは場違いだと思ってすぐに外に出て、その隣の有名な「ニコスピア38」へ。入ったところが、小さなコンビニみたいな店で、お土産やお弁当の類が販売されていました。

 日本の漁港なら、ここには各種の生鮮海産物や干物の類がズラッと並んでいるはずですが、ここはそんな雰囲気ではなく、食事のついでにちょこっと何かを買っていこうという程度のお店です。

 このお店の中から、いわゆる「ニコスピア38」というレストランに行くことが出来ます。入ってみると欧米人で大混雑。まだ食事の時間にはちょっと早かったので他の場所を見てこようと思い、いったん退店。

 このお店と通りをはさんだ反対側には「アンクルボブ」というレストランがありました。

 店の入り口前に看板があって、ここで本日のお勧めランチみたいなものが出ていましたが、値段が高めで一人ではいるにはちょっと場違いだなと言う感触を得ました。

 このお店と先ほどのニコスピア38のあいだぐらいにトイレとハワイでは一番大きい「POP」という釣具屋さんがあります。

 中に入ると確かに広いです。日本で言うところの、上州やさんぐらいでしょうか。フライフィッシュイングの道具が多いですね。 

 魚のデザインをあしらった、ワイキキでは見かけないような恰好良いTシャツもあったのですが、値段を見て諦めました。ちょっと高いです。

 その先がいわゆる波止場になっていて、特に見所はないのですが釣り好きの私としてはなるべく先端まで行って、海の様子を見ないと気が収まりません。

 先端付近ではハワイの漁師さんと思われる人たちが働いていましたが、観光客はゼロ。みんな、レストラン近辺にいるようで、暑い中わざわざ先端付近までは行かないようです。

 確かに先端付近に行っても、特に何かがあるわけでもなく、また海を覗いても魚が見えるほどの透明度でもなく、面白みはありません。ただ私としては、面白みがないということを確認すれば満足です。


トップページヘ 2013年 ハワイ旅行記 ワードのパイナ・カフェ