出発2日前の心境

 猛暑の日本をあと2日で離れることが出来るかと思うと、例年にないうれしさがこみ上げてきます。ともかく埼玉の暑さはすさまじい。8月に入って連日35度越え。たぶん家の外の日なたでは40度ぐらいあるのではないでしょうか。

 自宅にいても、部屋の中は35〜38度。ひたすら水を飲み、時にはエアコンの部屋に避難し、朝早くとか、夕方遅くにちょっと家庭菜園の世話やウォーキングをしてなんとか体調を維持していますが、さすがに暑さが2週間以上続いていますので、胃腸の働きが弱ってきたように感じています。

 そんな中、このサイトの掲示板ではハワイに行かれる方、行っている方、帰国した方から貴重な情報を多数いただき感謝しています。

 それらの情報と、これまでこの1年間いろいろ調べてきたことを思い浮かべながら、さて今年はどんな旅行になるかと言うことを改めてここ数日考えています。

 すでにブログに書いていますが、今年は私の一人旅。8泊10日で出発は21日。日本への帰国は30日。例年よりかなり後ろにずれ込んでいますが、これは息子の部活の関係です。私がハワイに行っている間に息子は伊豆へ合宿に行く予定。

 というわけで何をするにも一人ということで、宿泊はフードパントリー前の道をまっすぐ山側に行ったアラワイ運河沿いの「フェアウェイ・ビラ」。初めて宿泊するコンドミニアム。バケーションレンタル・バイ・オーナーのページで見つけた格安?物件です。8泊の料金が860ドル。

 あまりに安いのでもしかしたら部屋はボロボロ?なんていう不安もありますが、まあ男一人の旅行ですから寝るところがあればいいわけで、一応日本円で1万円を越すような料金の個人物件ですから、そこそこ良いのではと期待しています。

 オーナーさんとはメールでやりとりをしています。どうやら中国系の名前のように見受けられますが、中国、台湾、韓国のいずれなのかは見当もつきません。ただ対応はひじょうに丁寧です。

 クレジットカードでの支払いを選択していますが、メールにクレジットカード用の添付ファイルをつけてくれ、これに署名をして、メールに添付、またはファックスで書面を返信しています。メールに添付する場合は、サインをしてから、スキャナーでpdfファイルに変換。これを添付ファイルの形で送っています。

 というわけで、宿泊関係の手続はほぼ終了。昨日から、持っていくものをリビングルームに積み上げていますが、一人なので8泊10日といえども、洗濯等を考えると持ち物はそれほど多くありません。

 あえて言うと、今年はあちこちのレストランに行ってみようと思っているので、例年よりちょっと多めにアロハを持っていこうと思っています。

 しかし積み上げた荷物の山を見ると、中型のスーツケースでも充分入りそうです。ただブログに書いたように、帰りはコーヒー、チョコ、マカデミナッツ、ハワイアンCD、Tシャツ、場合によってはアロハシャツがさらに土産として追加されそうなので、スーツケースの空きはあった方が良い。

 ただ大型にすると持ち運びが面倒。特に我が家から成田までの移動が、家族なら車で行きますが、私一人なのでバスか電車。いずれも猛暑の中のスーツケースの運搬にちょっと恐れをなしています。

 明日、実際に詰め込んでみてどの程度空きがあるかを確認して最終決定の予定です。

 いずれにしろ一番楽なのは最寄り駅からバスなのですが、チャイナの離陸時刻よりも2時間半以上前に空港についてしまいます。電車の場合はホームの移動が面倒。悩ましいです。

 ハワイではバスの移動をメインにして、今回はこれまで利用したことのないレストランをひたすら選んでみようと思っています。

 また、出来ればワイキキ歴史散策ツアー、ラニカイトレイル、ハナウマ湾を取り囲む丘の上のトレイル、マノアフォール、場合によってはワイケレやアウラニ方面にも行ってみたいと思っているので、なかなか大変です。

 当然ながら、アラモアナの白木やさん内にあるブックオフでハワイアンCDを物色したいし、ワードのクレージーシャツも見てみたいです。

 他にカパフル散策やモンサラット散策、カイムキ散策、ニコスピア方面や漁港見学、ビショップのプラネタリウム見学と思いつくままに書いても、行きたいところがどんどん出てきて、正直こりゃ困ったなとちょっと思っています。

 まあ何もしないでグズグズしているよりは良いのですが、年齢的にも少しは自制しないといけません。さて、どんなことになるのか?出発2日前の正直な心境です。


トップページヘ
2013年 ハワイ旅行記 自宅から成田へ