「ヤードハウス」でどんなビールを飲もう?

 今年の夏の旅行では、夕方、まだ余り混まないと思われる時間帯に、一度はビーチウォークの「ヤードハウス」に行ってみたいと思っています。ここはカウンター席もあるみたいなので、一人でも気楽に入れそうです。 

 ではそこでいったいどんな銘柄のビールを飲むのか?聞くところに寄れば100種類以上のビールがあるとのことです。かつて「ブリュー・ムーン」や「ゴードン・ビアージュ」でテスティングと称して5〜6種類ぐらいを一度に飲んだことがありますが、正直かなり酔いました。

 もう10年近く前になり、当時より明らかに酒量も落ちています。となれば、「これこそビール」と思えるようなものを厳選して飲みたい。では何が良いのか?やはりドイツやベルギーが良いのか?

 ちょっとネットで日本語で検索してみましたが、「この店は良い!」、「ビールがうまい!」と叫んでいる記述はいっぱいありましたが、「これがうまい!」と銘柄を指定している記述は調べた範囲ではほとんどなし。

 まあビールと言っても人それぞれ好みがあるでしょうから、そうそう気軽に推薦できないという事情もあるかもしれませんし、100種類以上飲んで比較するのは至難の技なので、もともとこういった情報を要求する方に無理があるのかもしれません。

 しかし調べている内にサンプラーがあるという記述を発見。どんな銘柄が入ったサンプラーなのかなということが気になり、これは「Yardhouse」のホームページで見るしかないと判断。

 先ずお得に飲めるはずのハッピーアワーですが、月曜から金曜のなんと午後2時から夕方5時半まで。

 次にメニューですがDRINKメニューを選ぶとBeerの種類が11種類。私は先ずバドワイザーのような軽い系のビールが飲みたいので「LightーEasy」を選択。これでどうだ、と思ったら90種類ぐらい出てきてギブアップ。

 次に「それじゃあ濃い目のビールはどうだ?」と思って「DarkーRoasted」を選択。そしたら100種類以上出てきました。これは厳しい。とてもじゃないけど選べません。当たり前ですが、世界にはこんなにいっぱいビールの銘柄があるんですねえ。

 「こりゃ駄目だ。行ってみるしかないな」と思ったところで、折角なので通常の食事メニューを見てみると、これまたいっぱいありますね。

 ビールと軽い食事がメインのお店かと思っていたら、現地の人が大好きな、pokeやバーガー、ピザの他にシーフードやステーキといったものまであって、要するに世界のビールが飲める本格的レストランだと言う事みたいです。

 というわけで最初に戻って、日本語で「ヤードハウス サンプラー」と入力して検索すると、ようやく状況が判明。小さめのグラスでお店で選んだ6種類のビールを飲むことが出来るようです。

 とりあえずこれを頼んで、様子見でしょうか?ちなみに必死に値段を探したら2009年の記事を発見。そこには9ドルぐらいと書かれていました。グラスは通常のコップ程度ありますから、6個なら1(L)。今の私ではこれで充分かもしれません。でもハワイに行くとビールが美味しいんですよね〜。


トップページヘ
2013年 ハワイ旅行記 カイムキ通りのレストラン