今年の旅行テーマ

 今年は一人旅という新しい旅のスタイルになりましたので、ちょっとばかり事前の調査にも気合いを入れて、あちこちのレストラン探索はもちろんですが、それ以外に一人ならではの自由さを生かして何が出来るかを考えています。

 その中で先ず第一が

@ ライブミュージックを楽しめるレストラン探索

 これまでは息子と一緒でしたから、夕食も一緒に摂らねばならず、そうなるとワイキキバニヤンの部屋で自炊か、息子と一緒に行けるようなレストランという制約がありました。

 しかしそれがなければ、アルコールも含めて、大人だけが入れるような店で、のんびり音楽を聞くと言うことも可能なように思えます。

 もちろんこれまでもたまたま入ったレストランがライブをやっていたという経験は何回かあります。またライブを聞きに、「ハレクラニ」の「ハウス・ウイズアウト・ア・キー」といったお店にも何回も行っています。

 しかしそれ以外に、このアーティストがここで演奏しているからここへ行こう、と考えたことは皆無です。というわけで、アルコールと音楽、好きな食べ物で優雅に過ごす、なんてことをちょっと夢見ています。

 そこで昨日ライブをやっている店を少し調べてみたのですが、ワイキキでは「チキズ」:ワイキキビーチホテル、「ジミー・バフェット」:ビーチコマー、「サミーズ」:ミラマー、「カニカピーラグリル」:アウトリガーリーフというような名前が出てきました。

 しかしこういったお店はどちらかというとレストランが主体であって、そこでたまたま雰囲気作りのために演奏している、という傾向が強いように思えます。

 私がイメージしているのは、それよりも音楽に主力を置いて、ついでにアルコールや食事を楽しめる場所を考えています。具体的な店名を上げることが出来ればいいのですが、何せこれまでそういった店に行ったことがないので、うまく説明できません。

 いずれにしても、旅行が近づいたら、出演予定のアーティストも含めたライブミュージック情報を探す必要があるなと思っています。

A 行ったことのないレストランの開発

 何回もハワイに行っていると、自分好みの店が出来てしまったり、自炊の頻度が高くなるため、必然的に新しい店を開拓する機会が減っていきます。

 しかし今年は上にも書いたように、一人旅でフットワークが軽くなりますので、ライブミュージックも含めて、それ以外にこれまで行ったことのない店になるべく行きたいなと思っています。

 ただ今回の旅行は8泊10日ですから、三食をすべて外食したとしても最大24店舗ぐらいしか経験できません。充分多いじゃないかと思われる方も多いと思いますが、朝は自炊、昼はMeBBQやL&L等のプレートランチでいいか、なんて考えると、新しく開発できる店の数は更に減ってしまい、多くても10店前後になってしまいます。

 ということは事前に行きたい店をきちんとリストアップして、やりたいことと併せて効率的に回ることがポイントになりそうです。つまり出かけた先々で入りたい店を事前に決めておくということです。

 ちなみに今考えているのは、特にカパフル通りとモンサラット通りに位置するお店です。個性的で地元に溶け込んでいるお店が多いようなので楽しみにしています。

B ウォーキングまたはハイキング

 行ってみたいなと思っているのは、景色の良さそうな場所。第一はハナウマ湾を見下ろす両サイドにある、いわゆるクレーターを作っている山の稜線。ハナウマ湾を違う角度から見下ろしたいなと思っていますが、ハイキング道路があるのかどうかと言う詳細は不明です。

 次がラニカイビーチーからのラニカイトレイル。しかしここに行くためにはレンタカーが便利だと思うので、これをどうするか思案中です。ラニカイビーチに行くようなオプショナルツアーに便乗する方法もあるかなとは思っています。

 マノアフォールにももう一度行ってみたいなとは思っています。帰りに閉店が取りざたされている「ワイオリ・ティー・ルーム」によるのが目的です。

 他にもダイヤモンドヘッド周辺の海側やカハラ方面のビーチ、ワイキキをちょっと離れて、昨年行こうと思っていけなかったホノルル空港近くのサンドアイランド、コオリナ地区の4つのラグーン以外のラグーン、ライエの面白い形の岩等々を考えています。


トップページヘ
2013年 ハワイ旅行記 行きたいところ