2013年準備 フェアウェイビラに決定

 この時期まで来ると焦ってもしょうがないと思うので(通常は遅くとも2月中に予約しています)、のんびり1軒ずつ確かめていこうと思っていますが、バケーション・レンタル・バイ・オーナーのページから予約をお願いしたフェアウェイビラのオーナーから返事が来ません。

 返信した私の英文が余りに稚拙で不安を感じたのかもしれません。土日をはさんでいるからかもしれません。それはそれでしょうがないと思っていますので、今日はメインサイトの掲示板でお世話になっている方から紹介された物件について、空きがあるかどうか確認しています。

 これが駄目なら、残るのはワイキキ・バニヤン、イリマホテル、そしてこれまたメインサイトの掲示板で紹介されたロイヤルクヒオの三つに候補を絞り込もうと思っています。この内バニヤンは8泊の総額が12万前後、後半の二つは8〜10万前後の予定です。

 そう思ってのんびりしていたら、マイケルさんからバニヤンの物件を少しだけ減額して1泊120ドルにするから予約しませんかという依頼が来ました。かなり心を動かされましたが、やはり総額で考えると一人ではもったいない気がして、先ほどお断りのメールを送信しました。

 一方フェアウェイビラのオーナーから返信がありました。やはり土日を挟んだ関係で返事が遅れたようです。内容は、レンタルに関する料金の確認、使用上の規則の確認、さらにクレジットカードでの支払いをお願いしましたので、クレジットカード番号の連絡方法についてです。

 納得できたら、メールかFAXで送ってくれと書いてありますので、記入後メールはセキュリティ上問題があると判断しているのでカード番号はFAXで送付の予定です。これが終われば基本的に後は向こうが勝手に手続をしてくれますので、こちらは気が楽です。

 ただし、心配していたとおりクレジットカード使用の手数料が4%(数千円)ほど加算されることになりました。しかしゆうちょ銀行から海外送金しても2500円程度かかりますから、予約金とそれ以外の支払いで2回送金するとそれだけで5000円かかりますので、手間暇も含めてやむを得ないかなと思っています。

 というわけで今回は、私にとってまったく新しい未知のコンドミニアムである、「フェアウェイビラ」のステューディオルームにほぼ決定。8泊の総額がクレジットカードの手数料を除いて860ドル。85000円ぐらい?一応予定通りの額に納まったように思います。
 
 なお、お断りのメールを送ったマイケルさんからは、「了解した。メールをありがとう」という返事が来ました。折角依頼したのにもったいないなという気もしますが、来年行けたら利用させてもらうかもと付け加えておきました。

 しかし英文のメールのやりとりにだいぶ慣れてきたとはいえ、数行書くのに四苦八苦。分かりやすい表現で、こちらの言いたいことが間違いなく伝わるように文章を整えるのは本当に面倒です。さらに書いていると、これは過去形かなとか、未来形でwillを使った方が良いのかなとか前置詞はどうするんだとか悩ましいです。

 いったい中学から大学まで何を勉強していたんだと情けなくもなりますが、ハワイに行き始めてからTOEIC等の勉強もしたせいか、バンコクに遊びに行ってもホテル等では最低限の会話が成立するようになりましたので、その意味ではハワイに行ったことでバンコク旅行も旅の醍醐味が拡がったなと感じています。

 一方「フェアウェイ・ビラ」については昨日無事FAXを送付。これも自分の家の電話がマイラインに入っているかどうか不明で、たぶん入っているだろうと想定して送付。心配でしたがやはり入っていたようです。オーナーさんから現在クレジットカードの処理中だというメールが今日来ました。

 ちなみにクレジットカード利用とはいえ、利用できるのはMasterまたはVisaと言うことでJCBやAMEXは使えないようでした。今回マイレージポイント獲得用に作ったAMEXのトラベラーズカードが利用できなかったのがちょっと心残りです。

 なお部屋の説明にチェックインは15時厳守と書かれていたので、昨日FAXを送ったというメールを書いたついでに、朝の8時頃ホノルル空港に到着するので、荷物をどこかに置いて出かけたいんだけどと伝えました。

 すると、部屋に到着する10時頃には、まだ清掃作業をやっているはずだ。と書かれていて、それが終わり次第部屋には入れるようなニュアンスでした。と言うことは例年通り昼過ぎには入れるかなと思っています。

 また鍵の受け渡しですが、ロックボックス方式ですね。これは大きなキーの中に部屋のキーが入っているもので、この大きなキーを解除するための番号が、後日オーナーさんからメールで知らされます。

 利用者はその解除番号で最初に大きなキーを開け、その中から部屋の鍵を取りだし利用するというものです。慣れないとちょっと面倒ですが、理屈が分かれば鍵の受け渡しで関係者に会う必要もないので、個人オーナーさんの物件にはこの方式が多いように感じています。

 というわけで、いろいろ楽しみながら悩んできましたが、とりあえず宿泊関係はほぼ終了。フェアウェイビラはフードパントリーからひじょうに近いので、ビールの運搬が楽だなとニンマリしています。

 なおこの部屋にはインターネット環境もあり(そうゆう条件で検索して選んだ部屋です)、無料の駐車場もついているそうなので久しぶりにレンタカーを数日使うのも良さそうだなと思っています。


トップページヘ
2013年 ハワイ旅行記 行ってみたいレストラン