2013年準備 宿泊場所は苦戦中

 宿泊場所の手配で苦戦中ですが、それを楽しんでいる部分もあります。調べれば調べるほどワイキキのコンドミニアムの相場が見えてくる感じです。

 そもそもワイキキ・バニヤンの一般的な宿泊価格を考えると130〜150ドルぐらいだと思います。アストンのサイトで調べると8泊の総額は一番安い部屋で1656ドルですから、私自身が要求している100ドル前後というのが厳し過ぎるのだとは思っています。(ただしオフシーズンはこのぐらいの価格になります)

 逆に言うと総額換算で1000〜1100ドルぐらいで収まるような部屋があったら、これは即予約、と考えても良いように思います。

 そこまで考えて、ようやく昨年バニヤンでお世話になったマイケルさんの1泊110ドルの物件に、空き室紹介をしたわけですが、申し込んだ部屋は一部の日程がすでに予約済みとのことでした。

 その代わりタワーUの山側の部屋なら空いているからどうですか?という返事でした。写真等を見てみるとこの部屋も設備がグレードアップされていて確かに使い勝手が良さそうです。

 しかもマイケルさんの部屋は全室インターネットが無料で使え、駐車場も無料となりますので、こういった面も考えると得だなと思います。

 ただ値段が1泊125ドルで税金やクリーニング代を含めると総額が1240ドル。息子と一緒だったら迷わず予約したかもしれませんが、1泊換算155ドルはやはり独り身には贅沢だなという思いがあります。(それでも他のサイトの同様な物件に較べると安いとは思います)

 ということは、一人での旅行とはいえ、今年はある程度の贅沢を覚悟するか(それでも息子と二人で2週間宿泊するよりは安いのですが)他の部屋をさらに探すか。悩みに悩んで「バケーション・レンタル・バイ・オーナーのページ」を再び眺めていたところ、「フェアウェイ・ビラ」の物件を発見。

 ステューディオの部屋と言うことですが、写真を見ると10階ぐらいでラナイからの見通しも良さそうです。これが1泊85ドルということで格安です。

 一人で宿泊するなら、場所的にもフードパントリーがすぐ近くにありますし、生活しやすいかなと思えましたので、空きはあるかという問い合わせをしてみると、すぐに返事が来て空いている、とのこと。

 8泊で85×8=680ドル。これに税金95ドル、清掃代85ドルが加わって総額860ドル。格安です。これまで調べてきた中で、わずかですが最安値を更新しました。

 そこでさらに「フェアウェイ・ビラ」について、宿泊体験記がないかなと調べてみたところ、ロイヤルクヒオと同様に居住している人も多いと言うことでした。

 実は上記のステューディオの部屋も、オーナーが時折実際に利用している部屋だと言うことです。その意味でもメンテナンスはしっかりしていると判断しました。

 一方居住している人が多いと言うことは、建物全体の大規模改装等はあまり行われていないでしょうから、古さは否めないような気もします。(私の想像です)

 それを裏付けるかのように、いくつかのレビュー(本当にいくつかです)では、皆さんが嫌うゴキ君が出る、というコメントがありました。これは結局ゴミ等の不始末が原因だと思われますので、部屋の管理さえしっかり出来ていれば問題は無いと思っています。

 というわけで、まだどうなるか分かりませんが、昨晩「予約をしたいので手続方法を教えて欲しい」というメールを出しました。今日はまだ返事が来ていないようです。

 もしここが手続き上うまくいかない場合は(英語なのでいまいちわかりずらい部分があるので)バニヤンかHISの「イリマホテル」のどちらかだなという気持ちになってきました。


トップページヘ
2013年 ハワイ旅行記 フェアウェイビラに決定