2013年準備 チケット編

 今年は旅行準備の時期が大幅に出遅れました。私の方は問題なかったのですが、ちょうど息子が大学受験を迎えたので、これはやむを得ないなと思っています。

 思い返してみれば、3歳になった頃から息子は連れが入院した年を除いて、毎年夏はハワイで過ごしてきました。その影響も若干あるのか、一応理系の大学を目指してきましたが、英会話への関心も高いようです。

 大学の方はとりあえず第一希望とはいかないまでも、本人が希望する学校に合格できましたので、いよいよハワイ旅行の計画か、と思っていたのですが、大学から送られてきたパンフレットやネットで合格した大学の部活動等を調べていくと、どうも夏は忙しそうだという結論になったようです。

 年齢的にも親離れをする年代であり、いつまでもワイキキビーチで親と一緒にパチャパチャ遊んでいるわけにもいきません。ここ数年は、ハワイに行っても息子は半日現地の英会話学校に行ったりしていましたから、必然的に私も単独行動をすることが多くなっていました。

 そんな背景があって、合格後の夕食時、今年のハワイはどうする?と聞いてみると、「ハワイも少し飽きたかな」という、若いのに、まあある意味贅沢な感想をもらしました。

 確かに息子にとっては夏の恒例行事だとはいえ、今の所ハワイで特別に何かをしたいと言うことが無くなってきたのだと思います。

 大学生活が始まって新しい友人関係が出来て、これまでと違った価値観で物事を考えるようにならないと、息子の年代ではいくらハワイでもマンネリ化してしまうんだろうなとも思えます。

 というわけで、「じゃあ、一人で留守番しても大丈夫か」と聞くと、「大丈夫だ」とのこと。すでに2012年の年末や2013年の春に私はバンコクへ一人でいき、その間息子が留守番をしていますので、今回もまあ大丈夫だろうと判断しました。

 そんなわけで、3月初旬、遂に私だけの「ハワイ一人旅」が決定。ブログにも書きましたが、例年よりかなり遅いチケット購入となり、一番安い席は軒並み売り切れ。

 いろいろ検討していくと、チャイナのビジネスが日程によっては他の航空会社のエコノミー席に数万円プラスすれば購入出来ることが分かりました。

 さらにチャイナ自身の帰国便の時間帯が遅くなったこともあり、これなら朝慌ただしくコンドミニアムを飛び出る必要もなく、これ以上待てば待つほど安い席は埋まっていきそうなので、思い切ってビジネスに決めてしまいました。

 日程はこれまでの日程とはちょっと違って、夏休み後半の8月21日出発で現地発29日午後、日本着30日夕刻の8泊10日。チケット料金は168370円。

 高いなあと思いますが、息子の分がないので、結果的に負担は少ないなと感じます。次は宿泊先ですね。


トップページヘ
2013年 ハワイ旅行記 宿泊場所の検討(1)