今年の旅行の感想や気がついたこと

 今年のハワイ旅行で気がついたことをいくつか。(ブログからの転載です)

@ ワイキキの砂浜

 新しく砂を入れて、ビーチの幅が拡がったという事を事前に聞いていましたが、実際にビーチで遊んだ感じでは、幅が拡がったと言うより、海面からの高さが少し高くなったという印象です。

 砂浜の高さを高くして、波が簡単にビーチの奧までこないようにしたということでしょうか。で新しく入った砂ですが、色は白っぽくて今までの砂の色とほぼ同じですが、その中に直径数cmのゴロゴロした塊が含まれています。
 その塊をいくつか割ってみましたが、なんとそれは粘土でした。外から運んできた砂ですが、どこからのものかはよく知りません。(海底の砂かも)ちょっとビーチの砂の質が下がった感じです。

A フリーペーパー

 すでに書いたかもしれませんが、「旅のガイド ハワイアイ」というフリーペーパーを、遂に見つけることが出来ませんでした。結構役に立つ情報があったのに残念です。

 たぶん「アロハストリート」や「カウカウ」、「レアレア」「るるぶフリー」というようなフリーペーパーに広告競争で負けてしまったのかなと思われますが、本当に休刊してしまったのかどうかは不明です。

 今年使った印象では、「カウカウ」が一番使いやすかったように思います。後は縦長の英語版のフリーペーパーも良かったです。「日刊サン」の広告は地元ならではの広告が載っていて、こちらはリピーター向きでしょうか。

 なおハングル語のフリーペーパーが凄く増えましたね。

B 中国人

 中国人観光客も増えているみたいです。滞在中に行ったBBQでの情報交換で知りました。ところがワイキキでは、あまりあの甲高い話し声を聞くことはありません。

 どうやら中国人ご一行は、大変なお金持ちグループのようで、通常の観光コースとは違う、特別なショッピングコースを回っているようです。何をどこで買っているのかはよく分かりませんでした。

 ワイケレあたりなら多いのでしょうか。それともチャイナタウンの一角のキラキラした店舗でしょうか?

C シャカサイン

 すでにニュース等でも話題になっていたこともありましたが、シャカサインを見る機会が減りました。以前は何かちょっと特別なことがあったり、挨拶をするときはすぐにシャカサインが出ていました。

 両手を握って親指を上に突き出し、「グーッド!」とか「やったね!」みたいな欧米風のジェスチャーは増えたように思います。ちょっと残念な気もします。

D ホームレス

 これもすでに書いていますが、ワイキキのホ−ムレス人数は一時期より減ったように思います。ただこれは周辺の公園とか、その他の収容施設に保護されている方が増えただけで、見かけ上の問題だけだと思います。

 街を歩いているとき、これらの方から何回か声をかけられました。お金が欲しいという事なのかなと思いましたが、英語がよく聞き取れず、申し訳ないけどというジェスチャーで断りました。たいていはそれで済みますが、馬鹿にしたような態度で断れば、場合によってはトラブルに発展するかもしれないなと感じました。


トップページヘ 2012年 ハワイ旅行記 感想(その2)