今年の旅行の総費用

 このページは、「家族でハワイに行こう」というブログに書いたものをまとめ直したものです。

 今年のハワイ旅行の総費用を概算で算出していみました。旅行は個人手配で私と高校3年の息子の二人。

 航空会社はチャイナエアラインのビジネスクラスで二人合わせて322020円。これが一番大きいです。もしエコノミーだったら、これより10数万円以上下がると思います。

 予約はチャイナのホームページから行い、予約が確定するとすぐにクレジットカードからの引き落としになります。

 チャイナのビジネスの値段は2種類あって、私は当然安い方を選択。安い方がチケット変更等の条件が厳しいのですが、背に腹は替えられません。実際予約は安い方から埋まっていくようです。

 結果的に感じたことですが、飛行機の座席の使いやすさはもちろんですが、飛行機に乗っていないときでも、あちこちで優先権が与えられ、体力的かつ精神的に楽だなと感じました。

 具体的には、行きは空港でのチェックイン、ラウンジ利用、優先搭乗に始まって、機内でのウエルカムドリンク、個人別の食事の提供、ホノルル空港でスーツケースの素早い受け取りがありました。

 帰りも空港での優先チェックイン、優先手荷物検査、ラウンジ利用、優先搭乗等の特典があり、キャビンアテンダントの対応も気持ちよく、シニア世代にとってはありがたいクラスだなと痛感しました。

 宿泊はワイキキバニヤンのバケーションレンタルで、何回も書いていますが「VRBO」という個人持ちの部屋を貸し出すサイトで予約しました。すべて英語のやりとりなので、中学生程度の読解力が要求されます。

 このサイトでタワーUの35階海側の部屋を選択。海側と言っても正面にタワーTが見えるので、若干視界に不満は残りますが、個人的には値段的に充分満足できる部屋でした。

 この部屋が1泊110ドルで14泊。従って110×14=1540ドル。これに税金が約14%、部屋のクリーニング代が100ドル加算されて、総額は約1855ドルでした。日本円にすると148400円。

 続いて実際に現地で消費した額ですが、食費、交通費、アクティビティ料金、お土産等も含め(息子の英会話学校費用だけは除いて)、今計算したら約1200ドルでした。日本円で96000円。

 14泊16日なので、ハワイ入り初日と帰国日を合わせて1日と考えると、滞在日数は15日になるので、1日あたりは6400円です。このあと項目別に分析するつもりですが、大半は食費だと思われます。

 というわけで総額は322020+148400+96000=566420円。ほぼ予定通りという感じがしています。もしチャイナをエコノミーにすれば45万ぐらいとなります。4泊6日のツアーでも20万円前後しますから、14泊という数字を考えると、かなり効率的な支出ではないかと思われます。

 旅行会社の宣伝文句風に言い換えると、14泊16日チャイナのビジネスクラスで行くハワイ。宿泊はワイキキバニアン高層階のオーシャンビュー。一人あたり料金235210円。サービスチャージ、空港税等を含む、というような文章になると思います。


トップページヘ 2012年 ハワイ旅行記 今年の外食総費用