第14日目 BBQを楽しむ

バニヤンBBQデッキ
BBQデッキです
バニヤン BBQのコンロ
この中で肉や野菜を焼きます
バニヤン BBQの料金入れ
奥の方にクオーターを8枚並べて押し込みます
バニヤン BBQのコンロ
コンロ内部、上下2段になっています
バニヤン BBQコンロの説明書き
コンロの使い方です
バニヤン BBQの温度調節つまみ
温度調節用のつまみです


 ローソンから再びカラカウア通りをのんびり歩き、部屋に戻り、BBQの準備。といっても皿や箸、肉を取りだし、ジャガイモの皮を剥き、あとはご飯を炊いた程度。

 私にとって大事なものはビールですね。小さな保温バッグをこの時のために日本から持参しました。

ラナイから見ると、すでに2組ほどのお客さんが肉を焼いている様子が見えましたので、あまりのんびりしていると場所がなくなるかなと思い、4時45分ぐらいに6階へ。

 フリーペーパーを読んでいると、Tさんが来てくれました。日本では一度も会ったことがありません。ハワイで何回もお会いしています。

 ハワイの情報を交換していると、近くにいたおじさんが、ビールのフタを開けてくれといって話しかけてきました。

 Tさんがフタを開けてあげると、そのまま我々の席で話し込みます。

 どうやら以前日本の基地で働いていたことがあるらしく、やさしい英語を選んではいましたが、なんだか一方的に身の上話をしゃべっていて、本当に外人さんは話し好きなんだなと感じました。(ヒヤリングの勉強にはなりました)

 ちなみに今は小学校か何かで、教員のアシスタントみたいな事をやっているようでしたが、1クラスの人数が多いわりに給料が少なくて大変だ。なんと30人以上もいるんだ。と言いましたので、私は40人以上を相手に授業をしている、と言ったら驚いていました。

 しかし給料が安いと言っているわりには、すでにバニヤンには一ヶ月ぐらい滞在していると言っていましたから、結構優雅な老後だと思えます。

 やがてHさん一家が来られて、外人さんは退散。さらにmさんが来られて、総勢10人。皆さんリピーターですからハワイの細かいことをいろいろ知っていてびっくりです。こういった情報交換はいいですね。様々な話が聞けて本当に楽しかったです。

 結局5時から始めて8時過ぎまでしゃべっていたのではないでしょうか。この日はなぜかBBQの利用客が多く、ほぼ満席状態で、日が暮れると共にあちこちで歓声が上がったりして、盛り上がっていました。

 その後は当たり前ですが、部屋に戻って再び詰め込みです。ちなみに帰りの空港までの足は、カウカウに出ているクーポンを使って「たっちゃんシャトルサービス」にお願いしました。

 2人で25ドルですが、チップを入れて30ドルだと最初に言われてちょっとびっくり。 (まあもともと30ドル渡すつもりだったので気にしていませんが)

 この方には日本語が通じるので、英語が不得意な人は予約しやすいと思います。

 個人で営業をされているゴルフが大好きな方で、以前も利用経験があります。(ただ実際に迎えに来た人はたっちゃんではありませんでした。その模様は次ページへ)


トップページヘ 2012年 ハワイ旅行記 ホノルル空港へ