第12日目 ニジヤマーケット

 アラモアナに到着後、一度行ってみたかった「ニジヤマーケット」というスーパーに行ってみました。ここは山側の西のはずれにあります。余り目立たなかったので、これまで行ったことがありませんでした。しかし行ってみて、その良さを確信。もっと早く行くべきでした。

 日本の食材が多数ある上、オーガニックという言葉が並んでいて、品質の良さも感じさせます。ここで夕食用に寿司、鶏の唐揚げや鮭、コロッケが入った和食弁当、それ以外にバーベキュー用の肉やおいしそうなソーセージ、豆腐なんぞを購入。

ニジヤマーケットの和食弁当
ニジヤマーケットの和食弁当
ニジヤマーケットの寿司弁当
寿司弁当
バニヤンのラナイから見た夕焼け
バニヤンのラナイから見た夕焼け

 値段は30ドル弱ですが、白木やさんに比べるとかなり良心的な値段設定だと感じました。いわゆる和風の惣菜も多数ありました。

 和食弁当に入っていた煮物やコロッケの味付けは日本と全く同じか、日本の下手なスーパーで買う弁当より美味しいと感じました。

 次回ハワイに来ることがあれば、ドンキ以上に通うことになるかもしれません。

 食材購入に満足し、バスでバニヤンに戻りました。ホームページを作りながら息子の帰りを待ち、夕食はABCで買ったブリュームーンというビールから始めました。美味しいビールでしたが、私にはさっぱりしすぎ。ロングボードの方が口に合います。

 メインの食事はニジヤマーケットで買った弁当です。弁当の質は上々。その場で作らない出来合いの弁当としては一番おいしいように感じました。

 食べながら空を見ると、この日は夕焼けがひじょうに美しい日でした。すぐにカメラを持ち出して撮影。

 食後、そういえば夜のカラカウア通りの散策を全然していないなと思いつき、一旦バスでDFS方面まで行き、そこから大道芸を楽しみながらのんびり歩いてきました。

 やっている芸は例年と変わらないのですが、一番目(耳)を惹いたのはウクレレの演奏です。この方CDも出しているようですが、音楽系では一番のテクニシャンではないかなと思っています。

 演奏の御礼に1ドルをあげて、再びのんびり歩いて帰ってくると、ハイアットリージェンシー手前のあたりで、最初に白人のおねえさん、次に黒人のお姉さんから声をかけられました。

 いずれも、道ばたに佇んでいて、私が一人でとぼとぼ歩いていると、さりげなく寄ってきて「日本人?」「遊ばない?」と言うような言い方で迫ってきました。

 両者とも身長は私とほぼ同じ170cmぐらい。スタイル抜群。顔立ちも美しく、ちょっとドキドキしましたが、品行方正?な私は「ノーサンキュー」と笑顔で返答。それ以上追い回されることもなく、無事バニヤンに戻ってきました。

 後学のため「遊び代はいくら?」と聞いても良かったかなと、チラッと思いましたが、どうせその場での価格は表向きの価格でしょうから、余り意味はないかなと思い直し、「若いのになあ」と思いつつラナイで星空を見上げていると、強烈な睡魔が襲ってきたので、急いでシャワーを浴びてベッドへ。あっという間に寝ていました。


トップページヘ 2012年 ハワイ旅行記 カハラモール