第9日目 夕食は
ヴィッツ・ハワイアンステーキハウス

ヴィッツ・ハワイアンステーキハウスの入り口
お店の入り口
ヴィッツ・ハワイアンステーキハウスのプライムリブ
プライムリブステーキ
ヴィッツ・ハワイアンステーキハウスのマイタイ
マイタイ
ヴィッツ・ハワイアンステーキハウスのチーズケーキ
デザートのチーズケーキ

 7時過ぎにバスで予定通り「ヴィッツ・ハワイアン・ステーキハウス」へ。ドンキホーテ方面のバス(2番、13番)に乗り、カラカウア通りと合流する直前に降りて、ちょっと戻った場所に店があります。

 アラモアナ方面行きのバスの場合はクヒオ通りからカラカウア通りに左折した所で降りれば良いようで、どちら方面のバスが来ても、すぐ近くまで行くことが出来、便利だなと感じました。

 店はクヒオ通りとオロハナ通りの交差点角にあり、店内席と外の両方の席があります。

 入り口を入ると、カジュアルな雰囲気のウエーター、ウエートレスさんが待機していて、すぐに案内されました。

 店内にスポーツバーがありますが、雰囲気はカジュアルで明るく、家族連れも多いので気楽です。私の好きなワードにある「ライアンズ・グリル」に似ています。

 椅子に座り、渡されたメニューをじっくり眺めます。先ずは飲物ですが、折角ですので思い切ってロングボードの大ジョッキ(ピッチャー)を頼みました。これが10ドル。

 さて何を食べるかですが、あらかじめここではプライムリブと決めていました。これの一番大きい奴を頼み、息子と二入でシェアします。

 このステーキにはフレンチフライが付いてくるということだったので、それとは別にライスを注文。

 しばらく待って出てきたのは、先ず大皿に入ったフレンチフライ。ステーキは写真のようなものですが、周囲が暗いのでうまく撮影できませんでした。

 一見すると小さな肉に見えますが、厚さが3cmぐらいあり、皿の大きさ自体も大きいので、かなり食べがいがありました。

 これがフレンチフライを含んで26ドル。安いです。(ステーキ専門店だと35ドル前後だと思います)
 
 私はフレンチフライをつまみ兼主食にして肉を食べます。息子はご飯を食べながら肉を食べます。

 肉質は最高級とは思えませんでしたが、ソースの味がよいので美味しく食べられ大満足。

 食事を終えておいしいことが確信できたので、息子はデザートにチーズケーキ、私はデザート?にマイタイまで飲んで、気持ちよく酔っぱらえました。


 全部でチップを入れて56ドル。店員さんは日本語はほとんど通じないようでしたが、明るく親切で、もう1回行きたい店の候補になりました。

 帰りは旧めんちゃんこ亭前で降りて、カラカウア通りをブラブラ歩いて帰ってきましたが、大満足の夕食でした。


トップページヘ 2012年 ハワイ旅行記 ワードへ