第8日目 JCBプラザ、サンドバー&グリル

 JCBプラザの入り口を入った瞬間、大混雑していることを確認。夕方の5時頃ですから、今日ハワイに到着した人は、皆さんチェックインを終え、ホテルでのんびりしてる頃だと思っていました。

 すでにハワイに滞在している人は、これから夕食ですから、わざわざJCBプラザでゴロゴロしているはずはないと思っていたのですが、完璧に予想が外れました。

 それでも、一応受付で「レストランの予約をしたいのですが」と伝えると、「この番号札を持ってしばらく待ってください」とのことで、何だか銀行の受付に来たみたいです。

 折角来たのだからと、その辺の資料を見ながら10分ぐらい待っていたのですが、カウンターのお姉さん方は必死に仕事を処理しているものの、なんだかその処理が追いついていないようで、私よりかなり前の番号の人が呼ばれているように見えました。

 というわけで、「これはさすがに面倒だ。たかが予約だ。本当に予約したいなら自分でやろう」と決心し、番号札をお姉さんに返して、バニヤンへ。(JCBプラザ大人気ですね。驚きました)

 しばらく待っていると息子が帰ってきたので、夕食は、「ワイキキサンドヴィラ」の「サンドバー&グリル」でステーキプレートランチを食べることにしました。
サンドバー&グリルのステーキプレートランチ
 バニヤンを出てアラワイ運河方面に向かい、そのまま運河沿いに歩いていきます。10時以降は危険な場所ですが、7時過ぎならそれほど問題ないと感じました。

 店に入って、とりあえずソファーのような椅子に座り込みます。今日も立ちっぱなしであちこち歩いたなあと思い、だったら今日は「マイタイ」だ。と何だか思考は支離滅裂です。

 ウエイトレスさんは昨年と同じ、結構年齢がいったようなおばさん。忙しそうにしている割には、オーダーを取りに来るのも遅く、料理の出も遅いように感じました。(腹が減って焦っていただけかもしれません)

 去年はそこそこおいしいと感じたステーキプレートですが、今年は「こんなもんだったかな」という印象を受けました。まずくはないけどうまくもないという感じで、良かったのはまさに焼きたてで肉汁が飛び散っているような状態で持ってこられたことぐらい。

 食べながら私はマイタイを追加。チップを含めて34ドルを払ってきましたが、味はブレイジン・ステーキハウスのプレートランチと同じぐらい? この場所でこの味だと、今後苦戦するのではないでしょうか。

 今年はまだ「うまい!」と感動するような肉を食べていません。そろそろB級の店ではなく、準A級ぐらいの店で食べたくなってきました。


トップページヘ
2012年 ハワイ旅行記 ロイヤルハワイアンセンター