第8日目 日本語ツアーは王朝史

 通路の左側に受付があり、ここで入館料を支払います。普通に支払おうと思ったのですが、ガラスにJCBカードなら割引になります、と書かれていたので活用させてもらいました。一人あたり5ドル近い割引で14.75ドルです。

ビショップミュージアム 火山館とワイキキ
ワイキキ方面の景色と火山館
以前はこの芝生の中央に、モアイ像があり
よく記念撮影をしました
ビショップミュージアム 火山館入り口
何の変哲もない火山館の入り口
中が暗いので様子が分からず
入るのを躊躇います
正式名称は
サイエンス・アドベンチャー・センター


 ワッペンをもらい、これを胸につけてくださいと言われました。これをつけていれば、その日は自由に再入館が出来るのではないかと思われます。

 目標としていた日本語ツアーの開始時間が11時30分からだったので、それまでの時間つぶしに、先ず左手にある火山館へ行ってみました。

 中は地下1階、地上2階の建物で、火山の原理や、ハワイ特有の動植物が展示されていますが、展示品はあまり多くありません。

 火山については、いろいろと体験できる器具が置いてあって、小学生ぐらいの子供は楽しめると思います。

 11時25分になったので本館入り口へ。ここで待っていると10人ぐらいのグループになり、ボランティアと称するおばさんが説明をしてくれました

 内容はカメハメハ王朝の歴史が主で、展示物の説明はあまりありませんでした。カメハメハ王朝からカラカウア王朝までの王位継承のエピソードについてです。

 多少予備知識があったので、なんとか話しについていけましたが、始めて聞いた人は、次から次へと人の名前が出てくるので、聞いているだけという感じになってしまいそうです。

 結局本館入り口左側の王朝の部屋で25分程度説明があり、その後右側のメインの建物1階でハワイの風習についての説明を聞いて、当初30分の予定が、結局40分で終了。急ぎ足でしたが、ハワイの歴史についての理解は深まったと思います。


トップページヘ
2012年 ハワイ旅行記 昼食は併設カフェ