第6日目 リフエ空港へ

 ワイメア渓谷の展望を堪能しつつ、そろそろ空港方面に戻らないと途中渋滞でもあったら大変だと考え空港に向かいました。

 しかし戻る途中にもやはり道の横に駐車スペースがあり、そこここから素晴らしい景色が見えます。特にワイメア渓谷を脱出する頃の景色は、ワイメア川が海に注ぎ込む景色と山々がうまく重ね合わさり、行きには見えなかった景色が展開します。

 先を急がねばと思いつつ、ついつい素晴らしい景色に目を奪われ路上駐車。車を降りて景色を眺め写真撮影を何回も繰り返しました。この辺りは、ツアーでは味わえない個人旅行の特権ですから、存分に堪能しないといけません。

 (上の写真はワイレア川が海に注ぎ込んで行く様子。下はその上流で、すでにワイメア渓谷の一部が見えています)

 それでもついにワイメアタウンに戻ってしまい、後はひたすら空港を目指すだけとなりました。多少時間の余裕があったので、どこかに立ち寄ってお土産でもと思ったのですが、あの景色を見てしまうと、通常のお土産も色あせて見えます。

 というわけで一路リフエ空港へ。レンタカーを返却し(らくらくプランなので、ガソリンも満タンにする必要はありません)、シャトルで空港へ。後は長い待機時間と、ホノルル空港からワイキキに戻るだけです。ちなみにホノルル空港からは手荷物だけだったので、時間はかかったもののバスを使いました。二人で3.75ドルなので経済的です。

 参考までに、ワイメア渓谷ですが、ガイドブックに書かれている展望台はすべて立ち寄りました。それ以外に5〜6箇所、車から降りて付近を歩き景色を撮影しました。これらすべての所要時間ですが、コケエロッジの昼食も含めて、ワイメアタウンから登って降りてくるまで約4時間半でした。

 距離的には片道30数kmですから往復2時間かかりません。途中の有名な展望台は5箇所。それぞれに10分費やすと考えると、それだけで50分。私のように道草をくっていると、それだけで1時間半〜2時間が消費されます。

 またワイメアタウンと空港までの距離は40km弱なので、これも約1時間です。従って空港からワイメア渓谷の一番奥の展望台まで片道約2時間で往復4時間。すべての展望台を見て回って最低約5時間。食事をしたり、道草をくうと6〜6.5時間を考えないと、慌しい観光になってしまいます。

ワイメア渓谷 カウアイ島
ワイメア渓谷 カウアイ島

トップページヘ
2011年 ハワイ旅行記 ワードへ