第5日目 ワイルア・マリーナ・レストラン

ワイルア マリーナ レストラン
 マリーナのレストランですが、建物は倉庫のようで、入り口はあいているものの、中は薄暗く、ちょっと覗いただけでは、営業しているのかどうかも分からない暗い雰囲気のお店でした。店員さんの姿もまったく見えず、倉庫の中にテーブルと椅子が並んでいる感じです。

 本当に営業しているのかなと思いつつ、中に入っていくと、暗がりの奥の方から店員さんが現れ、にこやかな笑顔で迎えてくれました。どうやらまだお昼前なのでお客さんが少ないため、店員さんも奥で休んでいたようです。

 店員さんに促され進んでいくと、店の奥は川を見渡せるように座席が配置され、素晴らしい景色が広がりました。

 オープンエアで、当然ながら明るく、レストラン周辺を鳥が走り回っています。目の前には河口が拡がり、洞窟クルーズの船が5〜6隻係留されていました。
ワイルア マリーナ レストラン
 遠くの方ではカヤックを楽しむ人が多数います。流れはほとんどないので、河口から自由に好きな場所へ行き来できるようです。時間があればこれを楽しむのも良いかなと思いました。

 落ち着いたところでメニューをじっくり眺め、エビの天ぷらやチキン、串カツに焼きそばが付いたような和風のミックスプレートランチがあったので、これを1人前注文しシェアしました。

 サラダと小さなパンも1個付いて、これにコーヒーとレモネードをつけて20ドル。ちょっと高いかなと思いましたが、リバーサイドビューということでプレミアム料金になっているのかもししれません。
ワイルア マリーナ プレートランチ
 ハワイの食事の量ですが、前にも書きましたがプレートランチで10ドルを越える物は、だいたい1人では食べきれません。

 2人以上でシェアした方がよいと思います。今回の旅行ではあちこちのレストランで、メイン料理を1品、それに飲み物とかちょっとしたつまみ程度の物をつける形で注文しましたが、別に嫌な顔もされず、量的にも十分でした。

 食後のコーヒーをゆっくり飲み、テーブルの上まで食事をもらいに来る鳥たちを眺め、ひたすらの〜んびりした時間を過ごします。聞こえてくるのは、後から入ってきたお客さん達の話し声と、鳥の鳴き声だけです。
ワイルア マリーナ レストラン
 時折100m以上離れているカヤックのこぎ手の話し声まで聞こえてきます。静かな静かなレストランです。

 その後、レストランを出て駐車場周辺で鳥たちと遊んで、1時間ほど待ち時間を過ごした後、チケット売り場へ。

 1人往復で20ドルを支払います。すると早口の英語で10分前にはその辺で待っててね、と言っているような英語が聞こえましたので、「OK サンキュー」と言って、再び時間つぶし。

 何をしていたかというと、さすがに付近の景色は見飽きてきたので、持参したコンピューターにインストールしてある将棋で遊んでいました。

 するとそのうち続々とお客さんが集まってきて、最初は我々2人だけだったのに、総勢50人ぐらいになりました。みんな出航時間を知っていたんですね。日本人も2組ほど見受けられました。


トップページヘ
2011年 ハワイ旅行記 シダの洞窟