第五日目 休養日

 今回のハワイ旅行は、何が何でもこれをやりたいとか、ここに行きたいというところがないので、バニヤンの部屋でのんびりしていることが多いです。たまたま良い部屋に当たったことも一因です。
おにぎり フードパントリー
 よく考えてみると、年々部屋での滞在時間が長くなっているような気がします。

 要するにレンタカーで観光地を回ろうという事がなければ、ワイキキ近辺の観光地はすべて行き尽くしたということです。その結果部屋でのんびりという時間が多くなります。

 この日は五日目とあって、最初の疲れが出てくる頃です。起きたのは8時半。私にとっては非常に珍しい時間で、寝坊した罪悪感さえ感じますが、ここはハワイと気を取り直して、そのままのんびりすることに。

 昨晩のピザの食べ過ぎで胃が重く、朝食はフードパントリーの和食屋さんで購入した梅のおにぎりを1個。これが日本のおにぎりに較べると2倍ぐらいの大きさです。ABCのおにぎりよりもおいしく感じられます。息子もやはり疲れが出てきたのかよく寝ています。

 結局午前中は部屋でだらだらと過ごし、昼近くになって「ロイヤルハワえぞ菊 ロイヤルハワイアンショッピングセンターイアンショッピングセンター」のフードコートへ出かけました。

 この日は土曜日だったため、いつにも増して混雑。その中で、さらに混んでいる「えぞ菊」で「醤油ラーメン」を注文。クーポンを使って「餃子」ももらいました。

 味は日本の味付けなので、安心して食べられますが、その分人気もあって、さらに激しい混雑です。注文をとっているお兄ちゃんは高校生ぐらいに見えましたが、客の顔を見て、瞬時に英語と日本語を使い分けている様子が感動的でした。

 写真では小さく見えますが、麺の量も多く、ハワイサイズです。

 その後満腹になったおなかを抱えて、DFSへ。為替の確認をしたかったためですが、表示されていた両替レートは87.06円と、かなり破格のレートでした。ただ手数料がどうなるのかは分かりません。(この時点のヤフーの表示は85.60でした)

 またその周辺にも3〜4件両替所がありましたが、ドルから円への交換レートは表示されていましたが、逆は書いてありません。結局どこの両替所が一番有利なのかは、現地でもよく分かりませクヒオビーチ サンセットんでした。

 その後、両替所横にできた「サムズキッチン」を見ていると、なんと店の陰から、「アロハ天国」で有名なご本人が登場。料理を一生懸命運んでいました。その後、この界隈を何回か通りましたが、本人を見たのはこのときだけです。

 いったんバスで部屋に戻り、ビーチへ。いつものようにクヒオビーチで遊び、夕方部屋へ。夕食は肉を食べようと言うことで、カラカウア沿いに歩いてサンセットを撮影後、食べたいお店の一つだった「チャックス」に行きましたが、店頭のメニューは肉料理だけだったので、諦めて隣の「ケオニ」へ。
ケオニ ニューヨークステーキ定食
 店頭のメニューに「ニューヨークステーキ定食」14.95ドルのようなものがあったからですが、店頭で迷っているとおばさんが日本語で話しかけてきました。

 その声に促されて入店。しかし、このおばさん、やはりハワイ暮らしが長いのか、ちょっと押しつけがましいところがあります。

 定食を注文しようとすると、「肉が小さいから他のものも頼んだら」と言います。しかしハワイの料理は量が多いことを知っているので、あえて定食にこだわりました。

 現れたのは、日本のステーキ定食よりちょっと大きめの肉で、我々には十分な量でした。他にも頼んでいたら食べきれないところです。味はまあ普通。それにしても日本語でぺらぺらまくし立てられると、なんとなく鬱陶しく感じられてしまいます。
 


ハワイの表紙に戻る 2010年旅行記表紙へ ホノルル動物園へ