第四日目 ホノルルスクリーマーを予約

 だんだん時差ぼけが治ってきて、今日は7時半に起床。NHKのニュースを見ると、日本は猛暑のようで、帰りたくなくなります。折角なので、例年のようにクヒオビーチに散歩に行ってきました。クヒオビーチ

 バニヤンを出てまっすぐカラカウア通りへ。そのままいつもの堤防に行き写真撮影。まったく同じ場所から同じ角度で毎年撮影しています。今更必要ない気もするのですが、実際にこの景色を見てしまうと無性に撮影したくなります。

 部屋に戻りしばらくするとドアにノック。昨晩帰ってきたときにドアの下の隙間に「防虫処理をするのでよろしく」と書かれた紙が置かれていました。その人たちが来たようです。

 ちなみに今回の部屋には、ベッドメーキング等は一切入らず、タオル等はあらかじめ二週間分用意されています。といっても実際には半分ぐらいしか使いませんでした。

 ドアをあけると大柄なおじさんが二人入ってきて、何をするのかと思いきや、キッチンの洗い場の下のドアを開け、隅っこにチューブで何らかの薬剤を2カ所にちょこっとくっつけておしまい。

 処理自体は5秒ぐらいで終了。なんでおじさんが二人も必要なのか、ちょっと不思議でした。その間、息子は爆睡。全く目を覚ましません。
ブレイジン・ステーキ プレートランチ ワード
 少し寝かせておいた方が疲れもとれるだろうと考え、10時ぐらいまで部屋でブログやホームページの作成を行い、その後息子を起こし、大好きなワードエリアへ。

 アラモアナ側の停留所で降りると、そのすぐそばにボーダーズがあります。そこでCDを物色。1枚17ドルぐらいですが、CDによっては20%引きになっています。この中からまたしても5枚購入。約70ドルでした。

 ボーダーズを出てワードの映画館で上映している映画を確認。カラテキッドかエアベンダーの3Dを見たかったのですが、どちらも数日前に終了。残念。

 昼食はワードのプレートランチの店である「ブレイジン ステーキ」で「ステーキ&シュリンプ」を購入。飲み物をつけて11ドルぐらいです。ブレイジン・ステーキ プレートランチ ワード

 食後、いったんケワロ湾に出て、一番東側の小屋?の「ホノルル・スクリーマー」のブースに行きます。

 中のお姉さんが「メイアイヘルプユー?」と声をかけてきたので、一瞬口ごもってから「予約をしたいんすけど」と英語で答えると、発音で日本人と分かったらしく、「日本語でどうぞ」と言われてしまい、ちょっと気恥ずかしい思いをしました。

 お姉さんによると、この日と次の日の予約はすでにいっぱい。空いているのは明後日の3時だけですと言われてしまいました。日程には余裕があるので、迷わず予約。送迎は面倒なので断ってしまいました。当日は2時半までに現地集合です。

 料金は一人25ドルでした。送迎のシャトルには24.95ドルと書かれているので、5セント違うわけですが、その理由はよく分かりません。また、フリーペーパーのツアー情報を見ると、30〜35ドルでした。差額はチップとツア会社の儲けになるようです。

 また注意事項として、かなり濡れることを覚悟してください、ということをしつこく言われました。後日実際に乗ってみて、その注意がひじょうに正しい注意であったことがよく分かりました。


ハワイの表紙に戻る 2010年旅行記表紙へ カタマランに乗船