ラナイからの景色、夕飯はめんちゃんこ亭

 ラナイからの景色ですが、向きは西向きなので、右方向はマノアやタンタラス、正面はクヒオ通り、左が海です。角度的には昨年の部屋と同じです。しかしともかく高層階のため見通しがよく、気持ちが良いですね。

 ただサンセット方面はプリンスクヒオやパシフィックビーチホテルに遮られています。一方足下はバニヤンのロータリーですが、まともにのぞき込むとちょっとクラクラします。

ワイキキバニヤン ラナイから マノア 
マノア方面の風景
ワイキキバニヤン ラナイ クヒオビーチ
クヒオビーチ
めんちゃんこ亭 木久蔵ラーメン
木久蔵ラーメン
ワイキキバニヤン ラナイ 夜景
ラナイからの夜景


 荷物整理後、先ずは裏手のコミュニティセンターで行われている「ファーマーズマーケット」に行きました。

 しかし時間が遅かったこともあり、ほとんどが売り切れ。翌日のBBQのためにジャガイモとサツマイモを購入しました。しかしこのサツマイモを切ってびっくり。紫色でした。

 ハワイ到着日の昼食は、時差ぼけもあり、あまりおなかも空いていないため、今年はABCのサンドイッチを購入。食後ちょっとくつろいでいたら強烈な睡魔が。

 1時間ぐらいで起きるつもりでしたが、ちょっとベッドに横になったら、そのまま引きずられるように寝てしまい、起きたらハワイ時間の夕方4時半です。いつもなら3時過ぎには起きるのに、やはり年のせいでしょうか。

 夕食はカラカウア通り沿いに歩いて「めんちゃんこ亭」に行くことにしました。ついでに行く前に気になっていた、「ブレイジン・ステーキハウス」「花の里」の場所と雰囲気をチェック。

 「ブレイジン」は、欧米の若者たちがサーフィンの後に気軽に立ち寄って肉を食べる、というような雰囲気のお店でした。

 「花の里」は、ちょっと奥まったところにあり、通りにメニューは出ているのですが、奥まで行くのにちょっと勇気を要する雰囲気です。その分安いのかもしれません。

 すぐそばに「踊り子」という和食の有名店があるので、かなり競争が厳しいのではないでしょうか。

 めんちゃんこ亭では、フライドポテト、揚げ出し豆腐、さつまあげをつまみにバドワイザーを2缶あけ、最後に木久蔵ラーメンで仕上げ。やはり安心できます。

 会計時にチップは入れてもいいですか?と聞かれましたので、お願いしますと答えました。値段は約30ドル。初日から結構な出費となってしまいましたが、安い方だと思います。

 帰りがけにABCにより、焼酎(いいちこ)のボトルを購入。22ドルもします。日本の約3倍ですが、ビールだけだと最近は悪酔いするので、焼酎は欠かせません。

 部屋に戻ってラナイからの夜景を撮影。この夜景を毎晩楽しみましたが、まるでタンタラスからの夜景です


ハワイの表紙に戻る 2010年旅行記表紙へ アラモアナへ