ついに日本出国

 日本時間8月3日(火)、ようやく出発の日がやってきました。朝から暑い中、最後の詰め込みです。朝使った洗面用具をしまいこみ、所持品の最終チェックを行います。

 毎年のことですが、心配性の私は、衣類をしまい込んでいると現金やパスポート等の貴重品が気になり、貴重品で安心しているとデジカメや洗剤が気になり、洗剤をしまうとガイドブックが気になり、と果てもなく気になることが続き気疲れしてしまいます。

 それを防止するためチェックリストを作っているのですが、何回もチェックしているうちに本当にチェックした印なのかどうか分からなくなり、不安になってまたスーツケースの中をひっかきまわすということを繰り替えしてしまいます。

 しかしやがて出発の時間が近づき、あとはどうにもでなれという心境になって、ようやく出発となります。

 今回最寄り駅からバスで成田に行くことにしました。少しだけ車より安いこと、自分で運転するより安全性が確保できるという理由からです。

 さて最寄り駅から乗車したのは我々二人きり。次の停車駅まで約20分、貸し切り状態で出発。次の駅で15人ぐらい乗車。その後はひたすら高速道路を乗り継いで成田に向かいます。

 途中渋滞しているところがありましたが、成田には定刻より成田空港 搭乗 待合室5分遅れただけで、さすがプロです。第二ターミナル前で下車。スーツケースをころがし出発ゲートへ。

 さすが夏休み。チェックインコーナーは大混雑。スーツケースが邪魔なので、とりあえず列に並びます。30mぐらい並んでいましたが、自動チェックインと開いている手荷物預かりのカウンター数が多いため、意外にスムースに進みました。

 自動チェックインは、機械にパスポートをかざせばチケットが自動で発行されます。そのチケットを持ってカウンターへ。スーツケースの重量は19kgでした。

 これで楽になりました。あとは搭乗時間まで何をするかですが、おみやげ屋さん売り場の一角におにぎりを売っているお店があったので、高いレストランはパスして、おにぎりでまず軽く腹ごしらえ。あとは機内食を楽しむことにしました。
搭乗機 成田空港
 おにぎりを食べ、適当な椅子に座り、持参したパソコンに入っている将棋ソフトで遊んでいる内に搭乗時間が近づき、今回はモノレールを使わず、手前の64番ゲートへ。

 待合室はすでに満席状態です。それでもゲートから遠い方にいくつか空席があったので、そこでまた時間つぶし。やがて搭乗アナウンスがあり、皆さん争うように列に並んでいます。

 一番最後の方で、列がなくなる頃我々も搭乗。すぐに指定した2階席へ。ついに日本出国です。


ハワイの表紙に戻る 2010年旅行記表紙へ 機内へ