2010年 ハワイ旅行 宿泊先決定編

 今年もハワイ行きの準備をする時期がやってきました。例年に較べると数ヶ月準備が遅れています。このページは、今年の宿泊先を決めるにあたって、いろいろなサイトを比較検討したので、その結果を掲載したページです。

 検索の条件は、我が家の旅行条件そのままで、8月3日出発で14泊を基準に考え、ウイークリーレートがある場合は7で割り算し、1泊あたりの料金を宿泊業者別にまとめました。

 ただし円で表示している会社もあったので、その場合は1ドル=93円という現在のレートで換算しました。

 また出来る限り税金等も含めた料金で考えています。さらにバケーションレンタルの場合は、チェックアウト後にクリーニング代が50〜200ドル必要になることもありますが、これはホテル形式の場合必要ない料金のなので、総額には含めていません。

 さらに、算出基準は2010年4月時点のもので、今後料金が変更になる可能性は充分あります。本来ならすべての宿泊場所について調べなくてはいけないのですが、今回は第一希望のパシフィックモナークを例にとって、一覧表を作成しました。

 掲載順は特に他意はありません。

宿泊業者 カテゴリー 料金(ドル) 備考
アップルワールド studio partial ocean view 146 満室
1bedroom city view 148
エクスペディア studio city view 148
1bedroom city view 158
aston Hotels & Resorts studio partial ocean view 128 他のカテゴリーは満室
1bedroom partial ocean view 137
PACIFIC RESORTS studio city view 114
HAWAIIAN CONDO studio partial ocean view 109 チェックイン時に、鍵をオフイスに取りに行く必要があります
1bedroom partial ocean view 118
エービーロード studio city view 147
1bedroom city view 157
Hotel Club studio city view 131
1bedroom city view 151
楽天トラベル studio city view 144
1bedroom city view 147

 この他、ハワイの情報で有名な「ハワイの歩き方」や「モーハワイ」、「アロハ・ストリート」でも調べてみましたが、パシフィックモナークを扱っていなかったり、単なる仲介で実際の宿泊予約は違う会社だったりしたので、ここには載せませんでした。

 また個人のオーナーが所有している物件を貸し出す「Vacation Rental by Owner」というサイトもありますが、すべて英語で宿泊手続きも一般的でないので割愛しました。

 さらに、ハワイの不動産が管理している物件をレンタル用に貸し出したり、日本人が個人で買った物件も調べればあると思います。

 この辺りはともかく、マメに検索して探すしかありません。ただ労力は必要ですが、見つけた物件の値段が劇的に安くはなりません。

 上記の例で考えれば、夏場のパシフィックモナークの宿泊料はstudioタイプで120ドル前後、1bedで150ドル前後というのが一般的だと思います。

 私は昨年までバニヤンに125ドルで宿泊していましたから、やはり立地がよい分、パシフィックモナークの方が高くなります。従って1bedの部屋には宿泊できそうにありません。


ハワイの表紙に戻る 2010年旅行記表紙へ 次のページへ