第十五日目 最終日、帰国

 ハワイを離れる日がやってきました。飛行機は10時10分発なので、遅くても8時半頃空港に行けばよいと考え、昨日、「カウカウ」のクーポンページに出ていた「たっちゃんシャトルサービス」という所に電話。
ワイキキバニヤン ラナイから
 8時頃迎えに来れますかと尋ねると、他のお客さんの都合があるので、7時45分にしてください、ということで予約が完了しています。料金は二人で25ドル

 というわけで、朝は7時頃起きればいいはずなのですが、スーツケースの最終チェックと朝食のことを考えていたら、5時半に目が覚めてしまい、眠れなくなってしまいました。

 まあ帰るだけだから多少寝不足でも飛行機の中で寝ればいいやと考え、洗面用具等を片付けていると、徐々に空が明るくなってきました。

 息子は熟睡なのでフードパントリーに出かけ、今回何かとお世話になった店内左側の和食屋さんでお弁当でも買ってこようと思ったのですが、さすがに早過ぎたらしく、店は開いているものの、お弁当はまだ出来ていませんでした。
ホットドッグ ABCストア
 しょうがないので帰り道にあるABCで、ホットドッグとチャウダーを購入。部屋に戻り息子を起こし、朝食。さらに息子のパジャマやらをスーツケースに入れ、室内のゴミをダストシュートへ。

 部屋全体を元の状態に戻すようにして、キーをテーブル上に残し、1階へ。遂に豪華だった部屋とお別れです。

 7時40分に池の前で待っていると、かなり大きな10人乗りぐらいの車で「たっちゃん」が登場。

 当然日本語でやりとりなので気楽です。大変ゴルフの好きな方で、スーツケースを入れる場所に自前のゴルフバッグが入っていました。ブログにも書きましたが、この後1組出来たてのトランプタワーでお客さんを乗せるそうです。

 トランプタワーのロータリーで待っていると、ご夫婦と子供さんの家族連れが乗車。スーツケースを3つ、ゴルフバッグが1つ。雰囲気的に医者ではないかと息子がこそこそ話してきます。この方達はANA利用でした。

 空港には8時半到着。すでに20mぐらい行列が出来ていました。行列の最後尾にお兄ちゃんがいて、スーツケースを実際に持ってみて重さを確かめています。昨年のような、重量計できちんと測るような事はやめたようです。
スターバックス スムージー
 さて無事チェックインを済まし、空港内に入ります。相変わらず入り口近くのフードコートは大混雑。そこでちょっと歩きますが、いつものように先端付近のスタバへ。

 こちらは開店したばっかりでガラガラ、というか客は我々だけでした。窓際の一番見通しの良い席に座り、最後に思い入れたっぷりにスムージーを飲みます。

 値段は5.1ドル。値段の割りにカップは小さく、空港料金だなと思いましたが、フードコートに較べるとノンビリ出来るのでありがたいです。

 というわけで、誰もいないスターバックスで、窓の外を眺めながら、出るのは「あ〜、帰りたくないなあ」というため息ですが、こればっかりはしょうがありません。

 9時40分搭乗開始で無事に帰国しました。今年も長々と書いてしまい、呆れながら読んでいる方も多かったと思います。

 ハワイに行くと、毎年毎年面白いことがあり、つい書いているうちに熱が入ってしまいます。今年のハイライトは、前半が「ホノルルスクリーマー」、後半が「ウクレレ購入」かなと思っています。なにがしかの参考になっていれば幸いです。 


ハワイの表紙に戻る 2010年旅行記表紙へ ワイキキ・バニヤンへ