ロイヤル・ガーデン 全体を通して


 1枚目の写真は、ちょうどラナイから見えたヒルトンの花火です。なんとか花火らしい写真になりました。

 ちょうどビルの合間あたりが打ち上げの位置になるようで、5分間ぐらいですが結構楽しめました。

 洗濯室は4階にあって、洗濯機の利用は無料。写真のような洗濯機が両サイドに並んでいます。

 台数は洗濯機も乾燥機もそれぞれ10以上あり、余裕で使うことが出来ました。

 ただ相変わらず使用法は不明。しょうがないので、ノーマルモードで使いましたが、特に支障はなかったです。

 洗剤は自動販売機がありました。値段は1.25ドル。クオーターを5枚並べて、レバーをガチャンと押し込み引き出すと商品が出てきます。

 今回の滞在で事前に気になっていたのが、スーパーでのプラスチックバッグの使用停止に伴う影響。

 私はいつも国内で使っている古ぼけたショッピングバッグと、以前ABCの景品でもらった大き目のショッピングバッグを持参しましたが、両方ともかなり役に立ちました。

 基本的にレジにショッピングバッグを渡せば、そのバッグに品物を入れてくれます。ABCあたりで小物を少しだけ買ったときは、茶色い紙の袋に入れてくれました。

 そういった事情があるせいか、あちこちでショッピングバッグが販売されていましたが、お土産にするならともかく、基本的には自宅で使っているものを利用すればよいと思います。

 またJCBプラザに行けば、簡単なアンケートに答えることによって無料でバッグをひとつもらえますから、これは便利かもしれません。

 問題だなと思っていたのは、旅行前にも指摘されていたゴミ処理です。紙やビニール、トレイといった、いわゆる日本で言うところの可燃物は、ABC等で渡された小さな紙袋にいれ、ダストシュートへ。

 今までのように、大きなプラスチックバッグにたくさん詰め込んで一気にダストシュートへということはしませんでした。

 ただし本格的な自炊生活では、小さな紙の袋では対応できないような気もします。その場合どうするのが正しいのかは、ちょっとまだよく分かりません。

 また部屋の案内にもありましたが、ガラスやビン、缶、ペットボトル等のリサイクル品は、ダストシュート横にリサイクル専用の大きなゴミ箱が置かれていて、その中に放り込む形式になっていました。ただし分別はしていないようです。

 というわけで、基本的に部屋は申し分なし。オーナーとは英語でのメールのやり取りだけでしたが、常に親切な対応でした。

 ロイヤルガーデンで働いているスタッフも皆さん明るく親切。バケーションレンタルだろうが、居住者だろうが、ウインダムのお客さんだろうが分け隔てなく接してくれます。

 従ってあえて問題かなと思うのは、ロケーションです。最初の方にも書きましたが、私にとっては周囲に気軽に飲食できる店が少ないことが結構痛手。

 ビーチウォーク方面まで歩くのはそれほど不便ではありませんが、場所柄高級店が多いので利用しずらいです。

 またワード方面へのバス停が遠かったことも気になりました。特に帰りのバス停は工事の関係でIHOP近辺から歩かなくてはならず、必然的に13番バスの利用が増えました。

 さらに言えばバスの不便さを見越してレンタカーを使えばいいのですが、駐車料金がかなり高いようです。ただし周辺に安い駐車場があるのかもしれません。


ハワイの表紙に戻る 宿泊の表紙に戻る