ワイキキ・ラナイズの室内

ワイキキラナイズ 1404号室のリビング
ワイキキラナイズ リビング
ワイキキラナイズ 1404号室のキッチン
キッチン
ワイキキラナイズ 1404号室のベッドルーム
ベッドルーム
ワイキキラナイズ 1404号室のバスタブとトイレ
バスタブとトイレ
ワイキキラナイズ 1404号室のラナイからの景色
ラナイからの景色

 
 入り口から室内に1歩入って撮影した写真が1枚目。手前左に2枚目の写真のようなコの字型のキッチンがあります。

 冷蔵庫はこれまで利用したコンドミニアムの中ではもっとも大きなもので、左側のドアの中央付近に窓口が見えますが、どうやら氷を砕いたりすることも出来るようです。

 コンロは通常のガス式のコンロで、その上に電子レンジ。横に5号炊きぐらいの炊飯器、包丁セット、コーヒーメーカーと至れり尽くせり。

 様々な調理器具や調味料の類も、食器とともに、上下の棚にきちんと整理されていて、料理好きの人は喜ぶと思います。

 このキッチンとリビングの間に、二段になったカウンタ^テーブルがあるのが特徴的。

 リビングの右側のソファーはソファーべッドになり、左側にあるベッドルームとはドアで仕切られています。

 ソファーの奥に小さなライティングデスクがありましたが、そこは物置となりました。

 テレビは30インチぐらいの液晶で、下の方にDVDプレーヤーも置いてありました。

 基本的にテレビはほとんど見ないのではっきりしませんが、日本語放送は見かけなかったような気がします。
 
 ベッドルームにはキングサイズのベッドがあります。ちょっとクッションが私には柔らかく感じられましたが、好みにもよると思います。 

 面白いのは窓。かなり小さい。この窓の外はラナイに繋がっていますので、もっと大きな窓にしても良かったのではと思えますが、寝室に大きな窓は必要ないという発想かもしれません。

 足元に扇風機がありますが、この部屋にエアコンはありません。従って夏場はリビングからの冷気を取り込むしかないと思われます。唯一の欠点かもしれませんが、結局3月だったので、エアコンも扇風機もまったく使いませんでした。

 寝室からすぐに洗面所に入ることが出来ます。バスタブは少し浅くて小さめ。シャワーは可動式なので使いやすかったです。石鹸やハンドソープはありましたが、シャンプーは無し。日本から持参しています。

 4枚目の写真の右手に洗面所があり、要するに洗面所、トイレ、バスタブが一つの部屋となっています。

 シャワーはすぐにお湯になり、湯量も豊富で問題ありません。

 横に広いラナイからは左の写真のような景色が広がります。14階のここからでは海はほとんど見えませんが、大きなたてもが近くにないので開放感はたっぷりです。

 窓を開けておくと、クヒオ通りの車の音が少し聞こえてきますが、救急車と消防車等の緊急車両のサイレンを除くと、比較的静かです。


ハワイの表紙に戻る 宿泊の表紙に戻る 室内の設備